オリヴィア・マン

写真拡大

社会派ドラマ『ニュースルーム』や『X-MEN:アポカリプス』などに出演しているオリヴィア・マンが、シーズン2へ更新された米ヒストリーチャンネルのミリタリードラマ『Six(原題)』出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

本シリーズのシーズン2からキャストに加わることとなったオリヴィアが演じるのは、頭が切れて向こう見ずなCIA諜報員のジーナ役。米海軍特殊部隊ネイビーシールズのチーム6=対テロリスト特殊部隊(DEVGRU)の活躍を描くシリーズで、ジーナはスナイパーから上級ランクの管理官へ伸し上がったという設定だ。オリヴィアのほか、新シーズンよりエリック・ラディン(『THE KILLING 〜闇に眠る美少女』)が熟練の海軍特殊部隊員トレヴァー役で出演し、彼はチーム6をかき乱すという役どころ。

バリー・スローン(『リベンジ』)、カイル・シュミット(『ARROW/アロー』)、フアン・パブロ・ラバ(『デキる女の負け犬事情』)、ドミニク・アダムズ(『デスパレートな妻たち』)とエドウィン・ホッジ(『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』)、ナディーン・ヴェラスケス(『Major Crimes 〜重大犯罪課』)、ブリアンヌ・デイヴィス(『トゥルーブラッド』)らの続投も決まっている。

製作総指揮に名を連ねるのは、ハーヴェイ&ボブ・ワインスタイン兄弟(『世界にひとつのプレイブック』)、アルフレード・バリオス・Jr(『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』)、ジョージ・W・パーキンス(『デスパレートな妻たち』)。

シーズン2の撮影は今月バンクーバーで開始され、新シーズンは2018年にヒストリーチャンネルにて放送を予定している。(海外ドラマNAVI)