起亜自動車=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【光明聯合ニュース】韓国・現代自動車子会社の起亜自動車の労働組合は18日、組合員2万8240人を対象にストライキ実施の賛否を問う投票を行った結果、2万4871人(投票率88.1%)が投票し、全組合員の72.1%に当たる2万375人がストの実施に賛成したと発表した。

 同労組は5月11日に会社側と今年最初の賃金交渉を開始。先月29日まで11回にわたり交渉を行ったが、立場の違いを埋めることができず、決裂を宣言した。今月3日に中央労働委員会に調停の申請をしており、10日間の調停期間が終わったため、同13日から合法的にストを実施することができる。
 現代自動車の労組も14日に組合員投票を行い、ストの実施を決めた。
yugiri@yna.co.kr