Sonar Pocketが語る、新サウンドへの挑戦とこれから 「J-POPは最高のミクスチャー」

写真拡大

 アーティストとしてさらなる高みを目指し、2016年秋に第2章へ突入したSonar Pocket。このたび発表したニューシングル「段々男女物語」はこれまでのSonar Pocketのイメージを覆す革新的な1曲に仕上がった。トロピカルハウス調のトラックに、サーフ用語による隠喩を多用した聴感重視のリリック……これらは、ちゃんみな、Flower、Ms.OOJA、That Poppyらの楽曲を手がけるRyosuke “Dr.R” Sakaiが作曲およびサウンドプロデュースで参加し、彼と刺激的なコライト(共作)を行ったことで生まれた。その制作過程や真意をメンバー3人に訊いた。(鳴田麻未)

■「自分たち自身がカッコいいと思えるサウンド感がよかった」(ko-dai)

――前作「一生一瞬」は第2章のキックオフシングルとはいえ、ko-daiさんの病気療養が大きく作用したパーソナルな曲で、サウンドもそれまでのSonar Pocketのスタイルを踏襲したものでした。ですが「段々男女物語」は、トライバルなトラックで真新しい一面を見せていますね。なぜこんな革新的なサウンドになったのでしょうか?

ko-dai:最近は、コライトと言っていろんな作家さんと一緒にスタジオに入って曲を作る方式を採っていて、化学反応を楽しんでるんですね。今回の楽曲に関しては、海外でも売れっ子のトラックメイカーRyosuke “Dr.R” Sakaiさんとコライトしてお互いのいいところを出し合ったという形です。

――正直、楽曲を聴いたとき、別のアーティストの曲を間違えて再生してしまったかと思いました。

matty:今回はそう言っていただくことが多いですね。たぶんSonar Pocketは世間的にバラードのイメージが強いので。

eyeron:夏にバラードじゃない曲を出すのは初めてじゃないかと思います。「君と見る未来。」とか「線香花火 〜8月の約束〜」とかバラードだったから。

――ジャスティン・ビーバーの「What Do You Mean?」やMajor Lazer & DJ Snakeの「Lean On (feat. MØ)」にも見られる音色やギミック、さらにトラップやボーカルチョップも取り入れています。トレンドみたいなものも意識されたんですか?

ko-dai:具体的にはトロピカルハウスをやりたいと思って。(トロピカルハウスが爆発的に広まる)エド・シーランの『÷』が発表されるよりも前に作り始めたんですけど、当時日本でこういうサウンドを打ち出してる人もあまりいないなと思ってて。僕らにとっても冒険だったけど、制作途中でエド・シーランのリードシングル「Shape Of You」が出てトロピカルなジャンルが日本でも幅広く認知されて、こういうサウンドが受け入れてもらえる状況だから胸張ってシングルとして出そうとなりました。

――いちリスナーからすると、その新しさが今までのSonar Pocketのイメージを良い意味で裏切るような方向だったので驚きました。

ko-dai:僕らが今までやってきた曲はメッセージ性が特に強くて、肩の力を抜かずに聴く感じだと思うんですね。言ってみればBGMになってほしくない音楽。そういう意味では今回真逆で。夏のいろんなシーンで、BGMとしてこの楽曲がいてくれたらなという思惑で作りました。なので自分たち自身がカッコいいと思えるサウンド感がよかった。それが世界的に流行してるジャンルにつながってきたんだと思います。

――前回のインタビューでは「第2章では新しいクリエイターとのコラボも積極的にやっていく」「より自由に音楽と関わっていきたい」とおっしゃっていました。Sonar Pocketの新しい扉を開けるという感覚はあったんでしょうか?

matty:コライトをしていて自然な流れですかね。第1章では、自分たちとしてもインプットしながら制作してリリースしてツアーしてっていうのを繰り返してきたんですけど、やっぱりそれだけだと新たなベクトルが見えてこない部分もあるので。「段々男女物語」をレコーディングスタジオのスピーカーで聴いたとき、2人の歌声もいつもと違うなと思いました。ふくよかで艶っぽいというか。いつもより低めにメロディを設定してるので、よりロー感が出るのは確かなんですけど、特に加工しないで2人が自然と出してた声なんですね。これまでの制作環境では時に、要らないと判断したロー感を切ってたのでシャープな耳障りになってたんですよ。それはそれで聴きやすいんですけどね。今回の仕上がりを聴いて、この素晴らしいロー感をなんで今までカットしてしまってたんだろうなと少し反省しました。もともと持ってるものを削ってたっていうのはもったいないことだし、カットしなければもっと多くの人に届いていたかもなって。そういった意味でも、コライトは自分たちでは気がつかなかった部分に気づかせてもらえる良い機会だと痛感しました。

eyeron:いつもと少し違うロー感が出せたのは、低音を大事にしてるSakaiさんのスタジオでレコーディングしたっていうことも大きいですね。もし同じ曲でもいつものスタジオだったら、高い歌い方をしてたかもしれないし、鳴り方を聴いていつも通りローを切ってたかもしれない。コライト相手のところに行って、環境にインスパイアされる中、録ったものをすぐ聴いてディスカッションしながら作っていったことで、新鮮でいい形に落とし込めたんじゃないかな。

――もはやSonar PocketとSakaiさんの4人で作った曲なんですね。

eyeron:そうですね。自分たちだけで成り立たせることもできるけど、かつコライトの形もできるってことがアーティストとして成長点の一つだと思うんですよね。

matty:Sakaiさんに新しい伸びしろを作ってもらったって感じですね。

■「ファンの気持ちを刺激したい、毎回驚かせたい」(eyeron)

――曲の中では、「同じ出会いなんて2度とは無い」をテーマに、男女がだんだん惹かれ合っていく様がつづられています。

ko-dai:サーフィンをモチーフに、根底には一期一会っていうテーマを立てて書きました。夏はいろんな出会いも恋物語もありますよね。僕自身もサーフィンもやるんですけど、周りのサーファーと「波との出会いって一期一会だよね」という話になったんです。<The same wave never comes twice(同じ波は二度と来ない)>というフレーズの通り、人と人も、サーファーと波も、同じ出会いなんて二度はないから一つひとつを大切しなくちゃっという思いを込めた曲です。

――歌詞の構造もこれまでの曲とはかなり違いますよね。

ko-dai:今までのSonar Pocketの歌詞は、すごく直接的に気持ちを歌ってるものが多かったんですね。今回はBGMとしていろんなシーンで聴いてほしかったので、そこより耳障りや聴感を重要視しました。1回聴いただけで言いたいことがわかる曲というより、ちゃんと歌詞を読んでもらえたら思いが伝わるっていうものにしたかった。意味がなさそうに聞こえるけど、実は意味があってっていう。サーフ用語でそういうことを比喩してライトに聞こえるようにしました。

eyeron:このエッジィなトラックに、今までのような書き方や言い回しは合わないと思うんですよね。なので必然的に新鮮な詞の作りになりました。

――「段々男女物語」というタイトルはko-daiさんの案ですか?

ko-dai:はい。サビを作ったときに自然と「♪段々男女の物語」って歌ってて、正式にタイトルを決めるまでも「段々男女物語」って呼んでたので。これに勝る強いワードはないだろうってことで

――第2章は本当にチャレンジングなことをしていくんですね。今回の曲を聴いて、遅ればせながらやっと実体を伴って感じたというか。

ko-dai:今までは、グループとしての軌跡を考えて過去の作品と連動してたりするんですけど、今は1曲1曲に向き合って作ってるので、前作までの流れが……とかいうことはあまり考えていません。だから今までと違うものができやすいってことですね。

eyeron:ただ、これをラブソングにしてる時点でSonar Pocketらしいなとは思ってて。結局核となる部分は同じで、言い回しが変わってるだけだと思います。

――今の作り方になる流れは大体いつ頃から?

ko-dai:第2章に入るとき、昨年の夏ですかね。僕が入院するちょっと前くらい。デビュー8年を迎えて10周年が見えてきて、東京ドームでワンマンライブをするっていう目標にたどり着くためには、あとひと回りふた回り大きくならないといけないなっていう時期でした。なので新しいことを吸収してスキルアップするために、いろんな作り方をしたほうが幅が広がるんじゃないかと思って。

matty:第1章のときはずっと同じ作家さんにシングル曲を作っていただいてて。今思い返すとデビューしたての頃にそういう経験をしたのはありがたかったなと思うし、そこで得るものもたくさんあった。で、第2章に入ったとき、じゃあ逆もやってみようと考えて。同じ方と曲を作り続ける方法と、いろんな人と組んで書く方法、どっちもやってみてわかったのは、人によってイエス・ノーのジャッジは違うけど、どれが正解でどれが間違いかなんてないんですよね。なんでもオッケーだから「段々男女物語」みたいにノリを重視してみたり、今までだったらなかなかできなかったことも、いろんな人とコライトする形ならできる。僕たち自身も勉強になるし、楽しみながらやれるんです。

――サウンドアプローチを大きく変えることによって、今までのスタイルについてきたファンを不安にさせてしまうかもという心配はなかったですか?

ko-dai:確かに、以前リスナーの耳を気にして作ってた部分もあって。だけどデビューしてもうすぐ9年になり、自分たちから新しい音楽を提案できる歳にもなってきました。結局どんなサウンドにしろ、僕らの声が乗ったらSonar Pocketじゃないかなと今は思っているから、そこまで不安はなかったですね。

eyeron:むしろライブで「段々男女物語」みたいな曲を披露すると、対比して過去の曲の良さも映えるだろうなと思います。ファンの人も第2章に入ってからは「次はどんな曲出してくれるんだろう」ってワクワク感があると思うんですよ。ファンの気持ちを刺激したい、毎回驚かせたいですね。

matty:似たような作風を続けていくのは、自分たちでもあまり風通しがよくないと思うんですよ。確かに、昔から僕たちについてきてくださったお客さんはどう思うんだろうって一瞬感じるときはありますけど、勝負し続けないとその人たちだって逃げていっちゃうし、今の時代、現状維持を求めてたらダメだろうなって。ko-daiとeyeronの声があればSonar Pocketだってことは第1章で作り上げてきた確固たるものなので、そこは自信持ってます。

eyeron:例えばサザンオールスターズが「いとしのエリー」から「マンピーのG★SPOT」まで歌うみたいなことです。そこにアーティストの底の深さがあるっていうか。何かヒットが出せたら、それと違う路線のものでも勝負したいなって気持ちがキャリアの中で絶対生まれると思うんです。今作を発表したことで、今後より良いラブソングが書けるんじゃないかなとも、これを武器にしていろんな新しいところで戦えるんじゃないかなとも思います。

ko-dai:Sonar Pocketの“ポケット”にはいろんな音楽があるっていう。

matty:もともとの最初のコンセプトだね。

ko-dai:事務所の先輩を見ても、ケツメイシは「バラード」って名曲もあれば「闘えサラリーマン」っていう遊び心ある曲も歌う。湘南乃風はしっとりバラードの「純恋歌」のあとにブチアゲソング「睡蓮花」を出してる。Sonar Pocketはそういう陰と陽の対比を、アルバムではやっていてもシングルで見せたことがなかったので。「Sonar Pocketってなんかいろんなことするね」って思ってもらえたらうれしいですね。

eyeron:僕らはDJスタイルだけど、ライブで僕がギター持ってロックチューンやるとか、元々いろんなジャンルはミックスされてるんだよね。第1章の曲はジャンルに固執せず何かと何かを足したものが多くて、第2章は逆に1曲1ジャンルに絞って実験がやれてるのも新鮮な点ですね。例えば「段々男女物語」だったらトロピカルハウス、カップリングの「イニシアチブ」だったらファンクを現代風のサウンドにリメイクして2人が声を乗せてSonar Pocketのものにするっていう。

ko-dai:今作に収録される2曲は、インディーズ時代、クラブでライブしてた頃の曲のグルーヴ感に近いんですよ。各々のルーツが、eyeronはヒップホップで、mattyはロックで、僕はレゲエなんですね。今はJ-POPのフィールドで活動してるけど、どのジャンルのサウンドをやってもJ-POPなら許されるみたいな面がありますよね。そういう意味でJ-POPは最高のミクスチャーだと思います。

■「ただ楽しい曲というより胸にギュッと刺さるものにしたい」(matty)

――変革が進む中、デビューから今日まで変わらずSonar Pocketの根底にある芯はどういうところだと思いますか?

ko-dai:“誰かに届けたくなる曲”ってことですね。その人だけで完結しない物語っていうか。「段々男女物語」だったら楽しいパーティとかドライブ中とかいろんなシーンで、狙ってる子でもいいし仲間でもいいし、誰かに贈ってほしい。デビュー曲の「Promise」はラブソングなので愛する人への贈り物にしてほしい。3rdシングルの「友達に贈る歌」は友達にギフトしてほしい。そんなふうに毎曲願いは共通です。

eyeron:伝染してってくれればいいですね。

matty:Sonar Pocketらしさを考えてみると、「段々男女物語」はトロピカルだけど切ないじゃないですか。ko-daiの声質もあると思うけど、そういうエモーショナルなところかもしれないですね。シングルで出すものは、ただ楽しい曲というより胸にギュッと刺さるものにしたいので、こういうノリの曲でも要所要所にそういう部分があるんじゃないかなと。

――今作のリリース記念イベントが終わればツアースタートと、ここからライブ三昧の日々が始まりますね。

ko-dai:しかしライブで「段々男女物語」はどう盛り上げたらいいかなあ。

eyeron:サビでーす!って感じのサビじゃないからね。“ヒュルリラ”としてるからね。クラブに行き慣れてる人だったら気持ちいいと思うけど、僕らのお客さんはそうじゃない人も多いだろうから。

ko-dai: 片手にグラスないからな(笑)。

――第2章で、より多彩な楽曲が生まれると必然的にライブも進化することになりますよね。

ko-dai:そうですね。今回のツアーはダンサーを入れず3人だけで回るんです。第2章最初のツアーは、ライブが本来あるべき姿に立ち返ろうと3人だけで勝負することにしました。ファイナルの武道館は5年ぶりに立つんですけど、3人でしっかり武道館をロックしたいと思います。

――どんな内容になりそうかチラッと教えていただけますか?

ko-dai:今までは映画の世界、ゲームの世界、テーマパークの世界と、いろんな世界観をライブで見せてきたんですけど、今回はそうしないって決めていて。視覚的な派手さよりもSonar Pocketのライブっていうのを思いきり楽しんでほしい。ライブに来るお客さんも十人十色の生活があって、我を見失ってしまう大変なこともあると思うけど、ライブの数時間だけはその人がその人らしくいられるように。心の底から笑って泣いて楽しめる、温かい空間がSonar Pocketのライブなので。僕らとお客さんの心の距離感がすごく近いライブになると思います。

(取材・文=鳴田麻未)