工藤静香が「残酷な言葉」をインスタから削除していた

写真拡大

 元SMAP・木村拓哉の妻である工藤静香のある失言がSMAPファンの間で物議を醸している。

 事の発端は7月9日に工藤がインスタグラムに、「これ、スタジオに長く入っている時にとっても役に立ちます」というコメントとともに、野菜ジュースと乾燥黒糖、さらに栄養バランス食品「1本満足バー」の写真を投稿。

「1本満足バー」といえば、旦那の元盟友の草なぎ剛がCMに出演した商品。さらにこの日は草なぎの43歳の誕生日ということもあって、“草なぎの誕生日を祝福しているのでは?”といった憶測がSMAPファンの間で持ち上がったのだが、ネット上の盛り上がりに気付いた工藤が猛反論。

 工藤は11日にインスタグラムを更新し、「人の誕生日まで覚えられないよ。本当に参るね」と発信。さらに現在は削除しているが、「だって意味ないじゃない、わけわからないし」「確信犯?訳わからないよ。何か一ミリでも私に得があるの?不思議」と、草なぎの誕生日を祝う意味がまるでないと言わんばかりの投稿をして、“言い方に問題がある”とSMAPファンから非難を受けたのだ。

「確かに工藤の投稿は単なる偶然で、SMAPファンが深読みしすぎたのでしょう。としても、別にマイナスにもならないのだから、放っておくか、否定するにしてももっとやんわりとできなかったのでしょうか。必死に否定したために、工藤がSMAPメンバーを良く思っていないことだけは伝わってきました」(エンタメ誌ライター)

 そのため、ネット上には「草なぎの誕生日を祝ってるってことについてはどうしても否定したかったんですね」「草なぎが可哀想だな」「形だけでも祝ってるってことにはできなかったんか?」「やっぱ、SMAPは不仲解散だったんですね」といった声が上がっており、元SMAPメンバーのテレビ共演を信じて待つ者にとってはあまりに残酷な言葉として受け止められたようだ。

 ファンの妄想が生みだした騒動とはいえ、もう少し大人の対応を見せてもよかったのかもしれない。

(田中康)