元AKB48のタレント・前田亜美が、上半期の活動を振り返るとともに、“今行きたい場所”をブログで明かしている。

前田亜美オフィシャルブログよりスクリーンショット

 2016年8月にAKB48を卒業した前田。3日に更新したブログでは、卒業後初めて1人で過ごしたという上半期について、「1人だと不安やプレッシャーも大きいけど、乗り越えた時の達成感も感じる事も大きくて嬉しい」とコメント。

 オーディションで最終までいっても結果を残せないなど、悔しいことだらけだったと振り返りながらも、「新しく事務所も変わり、舞台に出演したり、主演をやらせてもらったり、お仕事が決まったり嬉しい事ももちろんありました!!!新しい出会いもあったり景色が変わって新しい事が多かったかなーー」と記しつつ、「私の夢である女優さんとして活動するにはまだまだだし、お芝居は難しい。引き出しが少ない自分がいて悔しい。って悩む事があるけどまだまだ諦めません。」と決意を新たにしていた。

 上半期の“新しい仕事”として、前田は、寝具メーカー・エアウィーヴが開発した昼寝専用枕『ナピロー』の製品化に向けたクラウドファンディングで公開されたウェブ動画に女性会社員役で出演。眠そうな目があしらわれた『ナピロー』を手にし、隣でウトウトしている男性会社員に「ぼく、ナピロー!いつものデスクだって、快適なお昼寝スペースになるんだよ。はいっ、使ってみて」とお茶目に呼びかける女性会社員を好演した。

 前田はこの撮影について、「撮影では初めての事だらけで、最初凄く緊張していて間違えてしまったりもしました。でも、ナピローはどんな話し方するかなぁ?と、ナピローの気持ちになって考えてみたり、初めてのOL役でしたが、オフィスにいる後輩を目指して演じていたら、楽しんで撮影ができました!!」とコメントしており、また自身のツイッターでも積極的に出資を呼び掛けた結果、当初予定の540万円を大幅に超える1035万4500円を達成。

 「皆様のおかげでクラウドファンディング、エアウィーヴ『ナピロー』の支援が100%超えの191%になり目標を達成し、ナピローくんが皆さんの元に届き始めているみたいで…とっても嬉しいです是非、可愛がって使ってください」とお礼をツイートしていた。

 7月になり、届いた人からは「ナピロー届いた!明日から休憩中寝れる!」「エアウィーヴのお昼寝グッズ『ナピロー』が届いた。取り敢えずベローンと伸ばして座椅子に敷いてみたら腰が凄く楽に…!これは…ガチのエアウィーヴが欲しくなった! 」「素敵なプレゼント!今日、うちにも(ある意味)あーみんからのプレゼントのナピローが届いたよ!(笑) 」など、続々と感想が投稿されている。

 なお前田は、18日に更新したブログでは、今後の夢として「私、ニューヨークに行きたい。ロンドンとパリも今の人生の生きてるうちに行きたいなぁ。出来れば元気な時にベルギーも行きたいし。行きたいところは沢山あるからキリがないけど…いつか1人でもいいから行ってみたい。私には夢がたくさんある」と記している。

 貪欲な前田の姿勢に、ファンからは、「若いうちに、見聞を広げるのは、いい事だと思うよ〜あーみんのその夢、何処までもついて行きまっせ」「その夢は絶対に叶えましょうよ!目標があれば今を頑張れるから。俺はあーみんの出てる舞台を観に行きたい」といったエールが多数寄せられているところだ。