お笑いタレントの古坂大魔王が、44歳を迎える誕生日である、今年の7月17日が「人生で一番長い誕生日」になることを明かした。

古坂大魔王オフィシャルブログよりスクリーンショット

 この日、自身がプロデュースするピコ太郎のNYの国連での仕事を盛り上げるために「同行」するという古坂。ピコ太郎は、YouTubeにアップした『PPAP』の動画を、ジャスティン・ビーバーが「お気に入りの動画」と紹介したことから、昨年大ブレイク。動画の再生回数は昨年8月末に公開して以来1億2000万回以上を記録しており、10月末に公開したロングバージョンも6000万回以上。また「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲」としてギネスに認定されている。

 替え歌もしやすい『PPAP』はCMにも引っ張りだこで、今回は、国連から貧困・飢餓の撲滅を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」をアピールしてほしいという依頼を受け、ピコ太郎は『PPAP』の「SDGsバージョン」の替え歌をニューヨークの国連本部で披露。

 古坂は、「手伝いに来た日が…7月16日…で、日本とNYの時差が13時間…つまりまだ昨日の昼11時っす…43最後の日が2日ある感じ…て事は…人生で一番長い年齢が43だったわけになります。」と、感慨深そう。そして「引き続き、日本初の日本発をたくさんやって来てみせます!行ったじゃんか、世界を驚かしたいのさ!!」と、意気込みをつづり、誕生日ケーキと「持続可能な目標開発」という手書きのボードを公開した。

 ファンからも「誕生日おめでとうございます。ここ1年の活躍に驚きと嬉しさを感じております。ますますのご活躍を楽しみにしています」「43歳は大躍進でした。サスティナブル・ぴこ太郎で44歳も素晴らしい年になりますように!」と祝福とエールが寄せられているところだ。