キム・ヨングァン、親友キム・ウビンを応援「本当に心配しているし、力になりたい」

写真拡大

187cmの高身長と微笑ましいマスクを持った俳優キム・ヨングァン。彼は代表的なモデル出身の俳優だ。特にキム・ヨングァンは、最近韓国で放送終了となったMBCドラマ「番人」を通じて演技力を認められた。ハンサムなルックスのせいで“ビジュアル俳優”という偏見があるが、彼は外的な面に延々としない。「番人」でキム・ヨングァンは、よりハンサムに見えることを諦めて、キャラクターと一体した演技を披露した。彼は「今回の作品が顔を使うのに最適だったと思います。たくさんの表情を持っているとも言われたけど、わざと作ったりはしませんでした。漫画が好きだから漫画的に表現した部分もあります」と説明した。

キム・ヨングァンは、モデル2世代の俳優として“5大アベンジャーズ”として知られた。“5大アベンジャーズ”はキム・ヨングァン、キム・ウビン、ホン・ジョンヒョン、ソンジュン、イ・スヒョクだ。彼らは2011年のKBS 2TV「ホワイトクリスマス」で共演し、今までも親友として友情を続けている。何より5人とも演技者として共に成長する姿が人々を微笑ませている。

「僕たちが集まると、遊ぶ話しかしません。演技の話はしません。そうしなければ面白い話がたくさん出ないから。『僕、これ買った』みたいな話をたくさんします。ハハハ。最近は集まることもあまりできず、本当に退屈です。みんな撮影とかで忙しいからです。みんなに心から『うまくやってるよ』とたくさん応援しています。僕たちは男同士だから暖かくはありません。一般的な男性と同じです」

5人のうちキム・ウビンは現在闘病中だ。5月に上咽頭がんの判定を受け、治療を受けている。キム・ヨングァンは、兄であり親友としてキム・ウビンに応援のメッセージを送った。心配する彼の気持ちが感じられた。「僕も連絡はしてみましたが、答えはありませんでした。心配だし、早く治って欲しいです。力になってあげたいけど、申し訳なくて連絡ができず……とにかく本当に心配しています」

キム・ヨングァンは2008年「彼らが生きる世界」を通じてデビューし、「ホワイトクリスマス」「私たち結婚できるかな?」「ラブレイン」「グットドクター」「ピノキオ」「九厄少年」「ウチに住むオトコ」「番人」などに出演した。着実にフィルモグラフィを積んだ彼は、作品ごとに様々なイメージを見せた。限界のない男キム・ヨングァンは、今度は戦争が背景の作品に出演したいと目を輝かせた。

「10年ほど前から仕事を始めました。演技を始めたのは6〜7年前からです。前と違う点はますます鍛錬され、深く没入できるようになった部分です。演技が楽しくなり、自分の夢に対して、自ら自分を見守る時期が来ているような気がします。今後、ジャンルを行き来しながら様々な演技をこなしたいし、キム・ヨングァンだけができる表現方式などを育てたいし、そのような俳優になりたいです」