EXO、カムバックを控え「レゲエへの挑戦」「新しい世界観」「クワドラプル・ミリオンへの願望」を語る

写真拡大 (全3枚)

EXOがレゲエに挑戦した理由と新しい世界観を披露する感想、クワドラプル・ミリオンへの願望などを率直に語り、活動再開の覚悟を見せた。

18日、ソウル・広津(クァンジン) 区シェラトン・グランデ・ウォーカーヒル・アストンハウスにてEXOが4thフルアルバム「THE WAR」のカムバック記者懇談会を開催した。

EXOは今回の活動を前に話題をたくさん作った。デビュー5年にして初めて披露するレゲエ、クワドラプル・ミリオンの可能性、新たな世界観を披露することなどがそれだ。EXOは「なんでも聴いて欲しい。率直に全部打ち明ける」と言い、コミュニケーションしたい気持ちをアピールした。

EXOの新曲「Ko Ko Bop」はEXOが初めて披露するレゲエジャンルの楽曲だ。EXOはこの新曲を“挑戦”だといい、「初めて披露するジャンルであるだけに楽しく作業した。EXOのスタイルのターニングポイントになれると思う。様々なジャンルができることをお見せし、一緒に楽しく踊れるようにしたい」と覚悟を明かした。

特に、今回のニューアルバムは発売前から予約注文だけで80万枚を突破し、史上最高の実績をあげた。もう一度ミリオンセラーを達成する可能性もいつもより高い。チャンヨルは「驚くべき記録にメンバーたちも祝った。胸がいっぱいで光栄でファンの皆様に感謝する」と明かした。

“クワドラプル・ミリオンセラー”への情熱も明かした。ベクヒョンは「クワドラプル・ミリオンセラーが僕たちの今回の活動の目標だ。何があっても叶えたいと思っているわけではないが、それでも叶いたい気持ちだ」と明かした。

今回のニューアルバムを通じてEXOは「EXO Planet」を続けていく新しい世界観を初めて公開する。アルバムのジャケット、ミュージックビデオ、予告イメージなどを通じて新しい世界観のヒントをファンに伝える予定だ。チェンは「希望的なメッセージを感じることができる。地球で起きる悪いことと事件、事故についてのメッセージを伝える。これを通じてたくさんの方々が癒され、慰められて欲しい」と明かした。

最後にEXOは「デビュー5周年を迎え、最善を尽くして一生懸命に準備した。結果はどうなるか分からない。僕たちの音楽を聴いてくれるファンと楽しく幸せな1年を送りたい」と今回の活動に臨む抱負を語った。

【PHOTO】EXO、カムバック記者会見を開催“溢れる男性美”

EXO、カムバックを控えて記者懇談会を開催…「タイトル曲ではレゲエ&EDMに挑戦」