崩れない、テカらない! 「美メイクキープ」の簡単テク&お役立ちアイテム3選

写真拡大

化粧崩れが厄介な、暑〜い夏。日差しが照りつく午後になっても、メイクは少しでも綺麗に保ちたいですよね。

(うわっ…ダサい!)男性たちに聞いた「昔流行ったけど今はドン引き」なメイク5選

そこで今回は、ヘアメイクアーティストのchihoさんに、真夏のベースメイク崩れを防ぐテクニックを、おすすめコスメと共に教えていただきました。

起きてすぐ顔に貼るだけ!夏に使いたい時短コスメ

真夏はとにかく“化粧水→乳液→日焼け止め→化粧下地→FD→パウダー”といった、スキンケアからメイクまでの工程を短縮することが崩れにくいメイクを作る近道!

この『サボリーノ 目覚まシート』は、起きてすぐ顔に貼るだけで、洗顔、スキンケア、化粧下地まで1度にできる時短コスメ。まさに夏にうってつけのアイテムです。

すーっとした清涼感で目が覚め、お肌も毛穴も引き締まりむくみもスッキリ。

さらに、シートをはがしながら優しく拭き取ると、汚れや余分な角質を取りつつ、保湿してくれるんです。

朝の短時間でお肌の乾燥を防ぎ、毛穴を引き締めてくれるということは、その日のお肌の状態を万全にしてくれる=化粧が崩れにくいお肌にしてくれる、ということ。

パックをするとファンデーションのノリも良くなり、少量でもキレイに見え、厚塗りも防げますよ。(chihoさん)

超崩れにくい!テカらないベースメイクのつくりかた

夏のベースメイクを崩れにくくするには、スキンケアの1つ1つが浸透しつくしたことを実感してから、次のアイテムをつけるようにしてください。

乾燥すると肌のテカリが目立ってくるため、夏に乳液やクリームを塗ることを避けている女性は、さっぱりしたジェルタイプの保湿液に切り替えてスキンケアを行ってみましょう。

夏のテカリにおすすめなのが『ライスフォース アクポレス オイルコントロールエッセンス』。

Tゾーン用の美容液で、べたつきが気になる所に塗ると、肌の皮脂過剰を防止して整えてくれます。

これを夜使うと、翌朝の小鼻のテカリ具合が塗らない場合と違うので、夜使いにもおすすめです。

テカリ防止のアイテムによくある、“つけると粉をふいたようになったり、皮がむけたように見えたりする”悩みがでないところも優秀です。(chihoさん)

ひんやりを味方に!崩れにくくなる朝のひと手間

夏は基礎化粧品を予め冷蔵庫に入れていたものを使ったり、首の後ろを冷やしながらメイクすると汗が抑えられるため、これは地味な作業ですが効果は絶大です。

そんなひんやりを味方にしながらの、崩れにくいベースメイク作りにおすすめなのが『ロージーローザ ジェリータッチスポンジ』。

これは、水を含ませるとぷっくり膨らむメイクスポンジ。使うと透明感のあるツヤ肌に仕上がります。

リキッドファンデーションを塗った後に、水を含ませ絞ったスポンジでトントンと肌に馴染ませると、お肌にフィットしてムラなくカバーできるため、ピタッと密着して崩れにくいベースメイクが簡単に作れるのです。

水を含ませたスポンジは、ひんやり気持ち良いだけでなく崩れにくく、今人気の素肌のような艶肌を作るのが得意。ぜひやってみてください。(chihoさん)

ドロドロ崩れに悩まない夏のベースメイクは、“少なく短く”が基本。

ぜひ、明日の朝から取り入れてみて!

【取材協力】ヘアメイクアーティストchiho
アーティスト・モデルのヘアメイク、ショーメイクからブライダルまで多様な業界で活躍するヘアメイクアーティスト。学校、企業等の講師として指導も行う。