(C)空知英秋/集英社 (C) 2017映画「銀魂」製作委員会

写真拡大

小栗旬が主演を務める映画『銀魂』に出演する橋本環奈が7月11日(火)、熊本県熊本市のショッピングセンター“ゆめタウンはません”内のTOHOシネマズはませんにて、本作試写会の舞台挨拶を行った。

本作は空知英秋氏による人気コミック『銀魂』を実写映画化したもので、SFと時代劇がミックスされた世界を舞台にした、人情と笑いがあふれるアクションエンターテイメント作品。

主演の小栗旬をはじめ、菅田将暉、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛ら個性豊かな役者陣を起用し、監督は『勇者ヨシヒコ』シリーズでメガホンを取った福田雄一が務めた。この日TOHOシネマズはませんで舞台挨拶をした橋本は、劇中で主人公・銀時の仲間である神楽(かぐら)を演じている。

TOHOシネマズはませんは2016年4月に発生した熊本地震の影響で約1年間営業を停止。その後2017年4月20日にようやく営業を再開できるようになったという。この経緯をふまえ、橋本は「熊本に来られて、すごく嬉しいです!初めて映画に出演させていただいた時に撮影した場所が熊本だったので、また来たいなとずっと思っていました」と自身と熊本との思い出を語りつつ、「私がこの「ゆめタウン」さんのイメージキャラクターをさせていただいてることもあって、最初の損壊の報を聞いた時は驚きましたし心を痛めました。熊本地震で甚大な被害を受けられて、この劇場のある「ゆめタウンはません」さん、そしてこの「TOHOシネマズはません」さん、ご不自由な生活をされた方も今日のお客様の中にはたくさんいらっしゃると思いますが、みなさんに心よりお見舞いを申し上げます。関係各位の皆さんのお力で約1年かけてこのように復旧されて。今日来てみて、この復旧は本当に皆さんの努力の賜物なんだなと思いました」と、熊本地震で被災した現地と施設のスタッフをいたわった。

映画『銀魂』は7月14日(金)より公開中。