現代社会は闇に覆われているとか、生きづらいとか。そんな批判をすることは簡単ですが、見方を変えれば面白みを見出すことだってできるかも。

Francesco Bongiorniさんが描いた作品は、見る人によって感じ方が違うでしょう。それを希望とみるか、絶望とみるか。あなた次第です。

ONE MILLION STEPS - DOCTORS WITHOUT BORDERS

国境なき医師団。

たった数人でその国の命を背負って奮闘する姿に、朝焼けのような明るい光が射しています。

MINDFULNESS - AMICA

マインドフルネス。

満たされているような空っぽのような、不思議な気分。

BAD MANNERS - AMICA RCS

スマートフォン。

画面の灯りがやけに明るく見えてしまう食卓。

YOU CAN SAVE THIS COUNTRY, OR YOU CAN TURN THE PAGE
- PHILADELPHIA MAGAZINE

国を動かしているのは国民。

あなたはこの国を救うこともできるし、出ていくこともできる。決まった道はありません。可能性はいつも、その手の中に。

A LONG JOURNEY MADE SHORT - CHICAGO BOOTH SCHOOL

タフな道のりを、より簡単に登れるように。

たしかに環境は変わってしまう。でも、後に続くみんなにとって便利なものになる。

NOTHING PERSONAL, JUST BUSINESS - FORBES

ビジネスの世界。

みんな同じように、必死に打ち返す日々。

THIS RARE ILLNESS MAKES PEOPLE THINK THEY’RE DEAD
- THE WASHINGTON POST

孤独。

みんな同じ場所で、生きているのにね。

RISK MANAGEMENT - JOHNS HOPKINS UNIVERSITY

リスクマネジメント。

時には思い切って突き抜けることも必要。

THE IMPORTANCE OF BEING 1 - AMICA RCS

一番にならなきゃ意味はない?

泣いているようにも見えるよ。

EXTENDING THE VISION
- PM NETWORK MAGAZINE

チームワーク。

同じ場所を目指しているけれど、みんなが同じ方向を向いてるわけじゃない。

だからこそ、世界は面白い。

Licensed material used with permission by Francesco Bongiorni