夫婦の問題で世間を巻き込むその姿勢を非難する玲奈ちゃん

写真拡大

神保町☆女子大生Cafe」第51回。現役女子大生たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます!

女優でタレントの松居一代さんが、ミステリーまがいの身辺ネタや夫である船越英一郎さんの不倫疑惑などを暴露し始めて1ヵ月弱。今なお過激なブログを書いたり、Youtubeで動画配信したりして、世間を騒がせ続けています。当然、JDたちもこの話題で持ちきりのはず。

ということで今回のテーマは、「松居一代さんvs船越英一郎さんの騒動を正直、どう感じてる?」。「バイアグラ100ml男」「おちん●んシール」など、様々な名言(?)も生まれているこのスキャンダル報道。彼女たちの間ではどう捉えられているのでしょう?

「夫婦間の問題は夫婦間で話し合うべきものであり、メディアを通して発表し世間を巻き込むことで解決するわけではないと思います。このような行為をいい大人が自ら率先して煽(あお)ってることに失望しました。立場をわきまえ、ファンや世間に恥じることなく顔向けできる行為をすべきだと思います」(玲奈ちゃん・明治大学1年・19歳)

「松居さんがYoutubeに動画を投稿していることはSNSで知りました。船越さんとはおしどり夫婦だと思っていたので、このような状態になっていることがいまだ信じられません。ただ、一方的に情報を発信しているのは松居さんだけなので、船越さんも会見を開いたり、書面を出すなりして意見を発表してほしい」(加奈子ちゃん・白百合女子大学2年・20歳)

「この件に関しては、『松居さんがなんか怖い』という印象がすべて。ニュースを見ている限り、性格も強そうな感じがするので、船越さんは言いくるめられないように頑張ってほしいです(笑)。ただ、自分たちの離婚騒動で世間を賑(にぎ)わすのは、いい歳してどうなのかな?とも思います」(紗由理ちゃん・明治大学2年・19歳)

「松居さんのブログは当初、ストーカーに追われているという内容だったので、何かに巻き込まれてるのかと思い心配でした。でも、最近では船越さんが悪いイメージになるような発言や不審な行動が多いので意味がわかりません。松居さんの言っていることのどこまでが本当のことかわらないので、今は船越さんのほうが心配です」(美希ちゃん・中央大学2年・21歳)

「松居さんは何を伝えたいのか、正直、まったくわかりません。報道陣を振り回し楽しんでいるだけのように思えます。一方で船越さんは不倫を完全否定していますが、報道以降、記者の前に姿を現さず、本当にそういうことがないのかわからないですよね。だから、どっちもどっちな気がします(苦笑)」(葵ちゃん・大妻女子大学2年・19歳)

「事実はわかりませんが、松居さんがYoutubeやTwitterで船越さんを責める内容をあげるのはどうなのかなーと思いました。感情に任せて訴えるのではなく、双方の意見を聞かないと解決には進まないですよね。今のところ、一方的に船越さんが悪く見えてしまうのが可哀想で…だから、逆に支持したくなりました。いい話題ではないので、早く解決してほしいと思います」(伶奈ちゃん・武蔵野大学3年・21歳)

「私は松居さんを応援します。YoutubeやTwitterで世間を騒がせるほど船越さんの不倫に怒りを感じているんだな、と同情しました。大袈裟とは思うかもしれないけど、実際に浮気された側の気持ちを考えるとすごくイヤだなと思うし、怒りを表したくなる気持ちはわかります」(沙也加ちゃん・青山学院大学1年・18歳)

「双方とも公的な発表なしに情報が流れていて、どちらが正しいのかわからず混乱しています。ただ、自力でSNSを使って真実を伝えようとしている松居さんの姿勢は今の時代、新しいしちょっと面白いなと(笑)。結局はマスコミを利用している?というのもありますが、私は松居さんを支持します!」(香織ちゃん・白百合女子大学3年・22歳)

「暴露動画はYoutubeで知りました。初めて見た時は何かのヤラセなのか、もしくは精神的な病気になってしまったのかなと心配になりました。松居さんの件はニュースなどメディアの報道でで嘘の情報が多く紛れていると見ているので、船越さんのちゃんとした言葉が聞けることで支持できるのではと思います」(彩ちゃん・明治大学1年・18歳)

もしそういうことが本当にあったら、気持ちはわからなくないけれど暴露は行き過ぎた行為ーーという意見が目立ちました。また、船越さんを心配しているJDや双方の精神状態を危惧する声も多いようです。

しかし、何がなんだかよくわからないというのが彼女たちの本音として錯綜している様子も伺えました。どちらを支持する支持しないも、真相は判然とせず…松居さんからの暴露内容は日々過激さを増していますが、この暴走が止まり、一件落着となる日が近いことを願いたいものです。