「JELLY」9月号に登場したE-girls/画像提供:ぶんか社

写真拡大

【E-girls/モデルプレス=7月18日】6月5日にE.G.familyプロジェクトを発表し、11人体制となった新生E-girlsが雑誌「JELLY」9月号に初登場。新体制への思いや変化を語った。

今月号は表紙もE-girls!坂東希、鷲尾伶菜、YURINO、須田アンナが登場

E-girlsはアーティスト集団「E.G.family」として組織を拡大させ、新体制となり活動することを発表。これに伴い、E-girlsはこれまでの19人から、ヴォーカル鷲尾伶菜・藤井夏恋・武部柚那、パフォーマー楓・佐藤晴美・須田アンナ・坂東希・SAYAKA・YURINO・石井杏奈・山口乃々華の11人体制となった。

◆新体制で変化は?


誌面には、夏の肌見せファッションを着こなした11人全員がクールな雰囲気で登場し、新生E-girls第1弾シングル「Love ☆ Queen」(7月26日発売)や新体制に関してトークを展開。

新体制について「人数が少なくなりましたが、これからはさらに気合いを入れなくてはいけないと思っています」とYURINOが思いを明かし、鷲尾はボーカルが7人から3人になり「最初はどうなるのかすごく不安だったんです。でも、3人の歌声が、想像以上にバラバラだったからこそ、ユニゾンで歌うとぶつかることなく、すごくいい歌声になることに気づいたんです」と変化を紹介。

「私たちは今、気合いがかなり入った状態なんです」という武部は「E-girlsは、さらに輝いていきたいと思っているので、ぜひその姿をライブに見に来てください!」と意気込んだ。

また坂東希、鷲尾伶菜、YURINO、須田アンナの4人は表紙に登場。ダメージデニムやレースファッションを着こなし、アンニュイな表情を浮かべた。(modelpress編集部)

情報提供:ぶんか社

【Not Sponsored 記事】