【全州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者の苦しみを表した芸術作品や関連史料を展示する特別企画展「一つの真実、平和のための約束」が、韓国南西部・全羅北道全州市の全北大博物館で19日から来月5日まで開催される。
 旧日本軍が慰安所の設置に介入したことを示す陸軍省の文書や業務日誌、迅速かつ正確な輸送のため慰安婦に「軍証明書」を発給させた日本外相の公文書などを展示する。また、史実を基に慰安所を再現した設置作品、日本の帝国主義や戦争のシンボルを描いた絵画などを見ることができる。
 企画展は韓国女性家族部が全国で巡回開催しているもので、先ごろソウルで開かれた。観覧は無料。
tnak51@yna.co.kr