犬の毛玉の影響と、できる原因

なぜ毛玉をほおっておいたらだめなの?

毛玉をほおっておくと、犬には以下のような問題が発生してしまいます。

絡まった皮膚が引っ張られることによる”痛み”や”炎症”汚れが溜まり、蒸れて”不衛生”に傷ついた皮膚から”皮膚炎”の発生

毛玉が固まってフェルト上になっているのを見たことはありませんか。これらは小さな毛玉をほおっておいた結果、広がって固まってしまったものです。小さな毛玉ができると、その周りの毛を巻き込んで毛玉が広がっていきます。この際に犬の皮膚が引っ張られ、犬は痛みを感じます。

また、毛玉の周りには汚れが溜まりやすくなります。絡まった毛玉は通気性も悪くなるので、蒸れて更に不衛生な状態になります。

最終的には痛みを伴うだけでなく、炎症して傷ついた肌に汚れや蒸れが影響して皮膚炎になってしまうことがあります。場合によっては、引っ張られた皮膚が裂けてしまうことも。。

犬に毛玉ができる原因は?

そんな犬にとっては決してほおっておくことができない毛玉。どうしてできてしまうのでしょうか。

毛がこすれているブラッシングの頻度が不足しているシャンプー後の乾燥が足りない

まず、毛玉ができやすいのが「首周り、胸、脇、お腹、内股」です。これらは首輪や洋服、歩く際などに毛がこすれやすい場所です。人間も髪の毛をこすり合わせたら絡まってしまうように、更に毛が柔らかな犬はすぐに絡まって毛玉になってしまいます。

そんな毛が絡まりやすい部分にはブラッシングをする必要があります。ブラッシングの頻度が少ない、もしくは全くしないことで毛の絡まりと毛玉はどんどん増えていくので、毛玉ができる前にブラッシングをしましょう。なお、ブラッシングのし過ぎは肌を傷める可能性があるので、適切なブラッシング方法については後述します。

また、シャンプーをした後のドライヤーが十分でない場合も、毛が蒸れて絡まりやすくなります。これらは表面だけが乾燥しているように見えて、毛の中が乾いていないケースがほとんどです。シャンプー後は毛玉防止のためにも毛の内側まで乾かすようご注意ください。

犬の毛玉の取り方

毛玉ができてしまうと、犬にとっては苦痛しかないことが分かりました。そんな毛玉を作らないように、ブラッシングの方法と毛玉ができてしまった場合の対処を紹介します。

ブラッシングの仕方

ブラッシングをすると嫌がったり噛みつくという方がいますが、適切な方法で行えばブラッシングは毛玉予防になるだけでなく、愛犬との大事なコミュニケーションの時間にもなります。

絡まりや毛玉がない箇所から優しくブラッシングする体のブロックごとにブラッシングする

初めはブラシに慣れるために、絡まりや毛玉ができていない部分から優しくブラッシングをしましょう。ブラッシングは痛くないものだと覚えさせます。

ブラシに慣れたら、絡まりがある部分などのブロックごとにブラッシングをしていきます。全身に一気にブラシを通すと絡まりや毛玉が引っ張られて痛い思いをして、ブラッシング嫌いになってしまうので特に注意が必要です。

皮膚を傷める原因になってしまうため、ブラッシングのやりすぎには注意ですが、絡まりやすい部分は毛玉になる前に「できるだけ毎日」ブラッシングを行いましょう。

ブラッシングの最後にご褒美をあげることで、ブラッシングを嬉しい時間にしてあげる工夫も必要です。ブラッシングをしながら愛犬に話しかけたり撫でてあげることで、病気の早期発見にもつながり、大事なコミュニケーションの時間にもなります。

毛玉になった場合は

毛玉になってしまった場合は、早めに処理をしましょう。

コームやブラシで優しく毛玉をほぐす毛玉に切り目を入れてほぐすドッグサロンへお願いする

まずは痛みが発生しないように皮膚と毛玉の間や毛の根元を押さえてブラシやコームを使用して毛玉を少しずつほぐします。優しく、少しずつ作業することが大事です。この作業で毛玉が取れた場合は、更に毛玉が増えないように根元からしっかり梳かしておきましょう。

ブラシやコームではほぐせないほどに固まってしまっている場合は、毛の流れにそってハサミで縦に切り目をいれて固まりをいくつかに分けます。分けた後は、軽い毛玉と同様に優しくほぐしていきましょう。

なお、毛玉ほぐしローションなども市販されているので、これらの利用も検討してみてください。大事なのは犬に痛みを与えないように「優しく・少しずつ」ほぐしていくことです。

毛玉が多い場合やどうしても取れない場合はペットサロンへトリミングをお願いしましょう。自分での作業が怖い場合も無理せずにサロンへ連れて行くようにしてくださいね。

毛玉ができやすい犬種

ポメラニアンプードルマルチーズゴールデンレトリーバーアフガンハウンドヨークシャーテリア

上記のようなロングコートと呼ばれる犬種は特に毛玉ができやすいため、ブラッシングはかかせません。これらの犬種は毛や皮膚の状態を見ながら、毎日ブラッシングを行いましょう。

また、コーギーや柴犬、ハスキーなどのショートコートと呼ばれる犬種も、生え変わりの時期には大量の毛が抜けます。血行促進にもなるため、これらの犬種もしっかりブラッシングを行ってあげましょう。

まとめ

毛玉は犬の見た目の問題だけではなく、健康状態にも影響することが分かりました。また、ブラッシングを行うことは毛玉の予防になるだけでなく、愛犬とのコミュニケーションにも効果的なので、ぜひ習慣としてブラッシングを行うようにしてくださいね。