岡崎所属のレスター、DFフートが手術…6〜8週間の離脱と発表

写真拡大

 レスターは元ドイツ代表DFロベルト・フートが足首のケガによる手術を行い、チームから離脱することを発表した。離脱期間は6〜8週間ほどと発表されている。

 現在32歳のフートは香港で行われるレスターのプレシーズンツアーには帯同せず、リハビリに励んでいるという。

 指揮官であるクレイグ・シェイクスピア監督は「ロベルトは足首に違和感を感じていた」と語ると「彼は手術を受け、無事成功したよ。彼にとって不運だったが、最悪の事態にならずに済んだね」とコメントした。

 レスターは21日にアーセナルとのプレシーズンマッチが予定されている。