チームに予定より1日早く合流したラモス

写真拡大

レアル・マドリードがロサンゼルスにあるカルフォルニア大学で行なわれた17日月曜日のトレーニングを終えている。なお、このトレーニングからキャプテンのセルヒオ・ラモスも参加し、全体トレーニングを行ったあとは個別トレーニングを行っている。

【関連記事:ダニーロ チェルシー移籍間近】

16日日曜日にフィジカルのメニューをラモスはこなしたが、月曜日のトレーニングではボールを使ったトレーニングメニューを行っている。ウォーミングアップを行ったあと、ポゼッション、スペースを限定したゲームを行い、最後はストレッチで締めくくっている。

予定よりも1日早くラモスはロサンゼルスで行われているマドリーの合宿に合流しており、監督ジダンやチームメイトに挨拶をしたあと、チームトレーニングは午後には予定されていなかったが、フィジカルトレーナーのもと自主トレーニングを行っていた。
今後、ラモスに続きU-21ヨーロッパ選手権に出場していたマルコ・アセンシオ、マルコス・ジョレンテ、ヘスス・ヴァジェホ、ダニ・セバージョスが合流し、最後にクリスティアーノ・ロナウドが合流することになる。