ルーニー、親善大使としてユナイテッド復帰!? レジェンド引退後にクラブが条件再提示も

写真拡大

エバートン移籍も… 将来的なユナイテッド復帰の可能性を英地元紙が報じる

 

 イングランド代表FWウェイン・ルーニーは今夏に13年過ごしたマンチェスター・ユナイテッドから古巣エバートンへ移籍した。

 しかし、ユナイテッドのレジェンドは、親善大使として復帰する可能性が残されているという。英地元紙「マンチェスター・イブニングニュース」が報じた。

 

 出場機会が激減したことを受けて移籍を決断したルーニーだが、ユナイテッドからは将来的な復帰の可能性を提示されていたという。これは2014年当時に更新したユナイテッド契約にも含まれていたもので、一度は合意に達していた。エバートン移籍で契約は無効となっているが、ユナイテッドとしてはルーニー引退後に改めて同じ条件を提示する考えもあるようだ。

 

 ルーニーの恩師サー・アレックス・ファーガソン氏もクラブの親善大使を務めている。クラブの歴代最多得点記録を保持する男が、再びクラブに戻ってくる日はあるのだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images