アメリカ国土安全保障省は、中東やアフリカの9空港からアメリカへ向かう直行便での電子機器の持ち込み制限を解除すると発表した。

3月21日より、ヨルダン・アンマンのクイーン・アリア国際空港、エジプトのカイロ国際空港、トルコのアタテュルク国際空港、サウジアラビア・ジッダのキング・アブドゥルアズィーズ国際空港、サウジアラビア・リヤドのキング・ハーリド国際空港、クウェート国際空港、モロッコ・カサブランカのムハンマド5世国際空港、カタール・ドーハのハマド国際空港、アラビ首長国連邦のドバイ国際空港とアブダビ国際空港の10空港からアメリカへ向かう直行便で、スマートフォンを越えるサイズの電子機器の持ち込み制限が行われていた。

7月17日までに、キング・ハーリド国際空港を除く9空港での制限は解除されている。

⇒詳細はこちら