次期国務院総理候補だった重慶市の書記・孫政才が罷免された。薄熙来事件の時の王立軍・公安局長と同じように、今般も重慶市公安局長が直前に拘束されている。孫政才夫人も腐敗疑惑で取り調べ中。党大会に激震が?

重慶市の毒は消えない――孫政才失脚の陰に公安局長拘束

2012年1月に重慶市の公安局長だった王立軍が成都にあるアメリカ領事館に逃げ込んだ事件は、まだ記憶に新しい。それを皮切りに当時の重慶市書記だった薄熙来夫人の谷開来の殺人事件が浮かび上がり、そして2012年3月、遂に薄熙来は失脚し、のちに終身刑を受けている。

薄熙来に代わって重慶市書記に任命されたのが孫政才で、重慶市公安局長に任命されたのが何挺(かてい)だった。王立軍がアメリカ領事館に逃げ込んだ2カ月後の2012年3月のことである。このとき政法系列の全てを握っていたのは、チャイナ・ナイン(胡錦濤時代の中共中央政治局常務委員会委員9名)の中の一人、周永康だった。第18回党大会は2012年11月に開催されているので、2012年3月の時点では、まだ胡錦濤政権が続いており、政法公安に関しては周永康が最大の権力を握っていた。

何挺は周永康の秘蔵っ子の一人。

何挺の任務は薄熙来が権力を乱用して大量に投獄された人たちの冤罪を晴らすことであり、薄熙来と王立軍に牛耳られた公安や暴力団などの「重慶の余毒」を一掃することにあった。しかし何挺はその任に忠実ではなかった。つまり汚職に染まり、何挺は今年3月31日に中央紀律検査委員会に連行されたのである。

何挺と孫政才は山東省の同郷。それを良いことに、何挺は常々「俺は孫政才とは一心同体だ!」と吹聴して回っていた。

妻の胡穎も汚職で取り調べ

孫政才の妻である胡穎(こ・えい)も、今年5月に腐敗問題で取り調べを受ける身となっている。

中国の大手銀行の一つである民生銀行には幹部のための「夫人倶楽部」というのがあり、通称「太太団」と呼ばれている。「太太(タイタイ)」というのは中国語で「奥さん」という意味だ。

すでに終身刑を受けているかつての中共中央政治局委員で中共中央弁公庁主任だった令計画の夫人・谷麗萍(こく・れいへい)もまた、この「夫人倶楽部」のメンバーの一人だった。ここは腐敗の巣窟だ。何か職位の高いポストに就いていることにして、高額の給料を支払いキックバックすることを基本としている。それも動くのは国費なので、関った者は皆、おいしい思いをする。

孫政才が失脚するのは時間の問題だったと言っていいだろう。

党大会に激震か?

7月15日、中国政府は重慶市中国共産党委員会の書記(トップ)だった孫政才が罷免されたことを正式に発表した。なんと言ってもポスト李克強として、次期(2023年)国務院総理の最有力候補とみなされてきただけに、中国の政界に激震が走った。今年の第19回党大会では大きな番狂わせがあるだろう。

遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)