英国在台弁事処のウェブサイトより

写真拡大 (全2枚)

(台北 18日 中央社)台湾にある英国の出先機関、英国在台弁事処のホームページで台湾が「中国の省」として誤表記されていたことが16日までに分かった。同処は17日、修正は既に完了したと明らかにした。

誤表記があったのは、ホームページ上にある求人情報のエントリーページで、電話番号を入力する部分の国番号を選択する欄が「台湾、中国の一省」とされていた。

外交部(外務省)は16日、これに対し、ホームページの他の部分の表記は「台湾」になっており、誤表記があった箇所は外部データを使用したためではないかと説明。英国在台弁事処に対し速やかに修正するよう要求したという。

ホームページは18日現在、国番号を選択する欄は削除されており、全て手動で電話番号を入力するよう変更されている。

(顧セン/編集:楊千慧)