18日放送の関西テレビ・フジテレビ系『セブンルール』に音楽プロデューサー・もふくちゃんこと福嶋麻衣子が登場 (C)関西テレビ

写真拡大

 アイドルグループ・でんぱ組.incを生み出した音楽プロデューサー・福嶋麻衣子が、18日放送の関西テレビ・フジテレビ系『セブンルール』(毎週火曜 後11:00)に出演。“もふくちゃん”の名前で活動し、アイドルになりたい少女たちと向き合う彼女の「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を通して素顔を明らかにする。

【番組カット】アイドルたちを見守るもふくちゃん

 両親に勧められ、3歳でピアノを始めて音楽と出合った福島は、ピアニストを目指して練習に明け暮れる日々を過ごしてきた。しかし、音大の付属高校に入って、自分よりずっとピアノが上手な同級生たちと出会ったことで、その道を断念。名門・東京藝大の音楽学部に進学すると、秋葉原のアニメ文化やメイド文化との出会いを転機に、自分がやりたかった音楽を確信した。

 そして、24歳で同志たちと秋葉原にライブバーを開店し、働いていた女の子たちから結成したのが初のアイドルユニット・でんぱ組.inc。学校や社会になじめないというメンバーはその過去を隠すことなく、正統派アイドルとはまた異なったスタイルで人気を集めた。もふくちゃん自身はプロデュースの才能を見込まれ、PUFFYの楽曲やCMの制作なども手掛けるなど活躍の場を広げている。

 今回、密着カメラは彼女が現在プロュースに力を入れるアイドルグループ『虹のコンキスタドール』の指導現場に潜入。個性豊かな少女たちを、怒ったり、褒めたりと奮闘しているが「もうこの仕事やりたくないなとか、向いてないなと思うこともある」と吐露。ストレス解消法や気持ちの切り換え方、彼女がアイドルになりたい少女たちと向き合い続ける理由など胸の内にも迫っていく。

 スタジオでは、本谷有希子、YOU、若林正恭、青木崇高がVTRを見守る。福嶋と以前からの知り合いだという本谷有希子は「“もふくちゃん”は面白いことにすごい貪欲な人」と印象を語り、YOUは「親御さんも安心して娘をお任せできそう」、若林は「あの年頃の女の子たちに信用されるってフェイクじゃ絶対できない」と太鼓判を押していた。