EXID、シンガポールファンミーティングを盛況裏に終了…“どこに行っても私達のファンが最高”

写真拡大

ガールズグループEXIDが香港に続き、シンガポールまで魅了した。

EXIDは15日、シンガポールKallang Theatreで開催された「EXID ASIA TOUR IN SINGAPORE 2017」を通じて現地のファンと忘れられない時間を過ごした。EXIDはヒット曲「L.I.E」「AH YEAH」「HOT PINK」を続けて披露し、シンガポールファンミーティングのスタートを切った。

メンバーたちはそれぞれオープニングの挨拶で、シンガポールに来た感想を伝え「メンバーたちと休暇に行くならどこに行きたいか」という質問にはシンガポールを挙げ、「見どころも多くて美しい都市だと聞いた。今回のスケジュールでは時間の余裕がなくて今度みんなで旅行に来て楽しみたい」とし、熱い歓呼を受けた。

また、EXIDのメンバーたちがヘッドホンの中から聞こえるシンガポールの有名曲を口ずさむと、ファンがその楽曲を当てる“曲を当てろ”ゲームと、Tシャツにそれぞれの想像力と芸術的な才能を表す“Tシャツ作り”ゲームを通じて、現地のファンと一つになり楽しい時間を過ごした。

「BOY」「昼よりは夜」「Of Course」を披露した後、LEは「シンガポールに初めて来たけれど、こんなに座席をびっしりと埋めてくださって、私たちと一緒に楽しんでくださる姿を見て感動を受けた。どこに行っても、私達のファンが最高だ」と涙ぐんだ。

ハニは「時間が早く過ぎた感じだ。遠くにいる私たちをいつも見守ってくださって、このように歓迎してくださって、愛してくださって、本当に感謝している」とし、最後のステージ「UP&DOWN」とアンコール曲「How Why」を最後にシンガポールファンミーティングを終えた。

EXIDは30日の台湾ファンミーティングと8月12日のソウルファンミーティングを控えている。