スマホやタブレットで、Youtube動画などを閲覧していて、ふと画面が暗くなった瞬間に、端末の画面に映り込んだ自分の無表情の顔をみて、びっくりしてしまったことがある人は意外に多いのではないでしょうか。

「キレートレモン」を販売しているポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が行った、スマートフォン使用時の表情の変化に着目したアンケート調査によると、実に80%の女性がスマートフォンを見ている時の表情が不細工(スマホブス)になっていると自覚していることが明らかになりました。

スマホブスになっていると自覚している人が8割以上も!

「スマートフォンを見ている時、 表情がいつもより不細工になっていると思いますか?」という質問に対し、 「なっている」「少しなっている」という回答が合計で80.6%となりました。

多くの女性が、 スマホブスになってしまっていると自覚している結果になりました。

スマホブスが止められない理由は 「習慣だから」が1位!

「表情が不細工になっていると分かってはいても止められない理由は?」という質問に対し、 最も多かった回答が「スマートフォンを見るのが習慣だから」で43.2%。

スマホブスになっていると多くの人が自覚している中、 スマホを見る習慣によってスマホブスが止められない女性が多くいることが分かりました。

指摘されない「無自覚スマホブス」が急増中!?

「スマートフォンを見ている時、 他人からいつもより不細工になっていることを言われたことはない人」は85.8%という結果に対し、 「スマートフォンを見ている人の表情が不細工になっていると思ったことがある人」は合計で43.6%となりました。 更に「スマホブスは今後増えていくと思う人」は合計で66.1%という結果になりました。

調査概要

・地域:全国 ・対象:20代〜50代の女性 計400名

・調査時期:2017年6月 ・当社インターネット調査

 

にらめっこでスマホブス解消を!

<表情筋の専門家からのコメント>

室屋佳子(むろや よしこ)( えがお体操部監督(運営Brilliant) 。表情を作る“表情筋”に着目し笑顔の素晴らしさを共有・共感するえがお体操の表情筋トレーニング 講師 )

同じ表情を続けていると、 顔の筋肉が硬くなったり、 固まることがあります。 スマートフォンを見ている時間が長く続けば、 表情が固まり、 使用していない時にもその表情がくせになり定着する恐れがあります。 定期的に顔の筋肉(表情筋)を動かすことは効果的な対策ですので、 「にらめっこ」は誰でも楽しく顔の筋肉を動かすことのできる方法の一つと言えるでしょう。

この夏、7月24日(月)〜7月25日(火)にSHIBUYA109店頭イベントスペースで「キレートレモン BEAUTY NIRAMEKKO」というにらめっこイベントが開催されます。あなたもぜひイベントに参加して、思いっきりにらめっこして、スマホ美人を目指してみてはいかが。

情報元:「キレートレモン BEAUTY NIRAMEKKO」PR 事務局

プレスリリース:PR Times

出典元:まぐまぐニュース!