パンダのグラビア本やファミリーヒストリー パンダファミリーの魅力に迫る2冊

写真拡大 (全3枚)

 パンダの口元って、普通の顔をしていてもいつも笑っているよう。パンダの表情と愛くるしいしぐさには心癒やされる。そんなパンダの魅力に迫る2冊の本が登場した。17年間で15頭の赤ちゃんパンダが生まれ、元気に育っているアドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)のパンダファミリーの魅力が詰まった書籍「HELLO PANDA アドベンチャーワールドのパンダたち」(トランスワールドジャパン、税別1,800円)と、「世界一のパンダファミリー」(講談社、税別640円)が出版された。いずれもアドベンチャーワールド内と全国の書店で販売されている。

 「HELLO PANDA アドベンチャーワールドのパンダたち」は、お父さんパンダ・永明とお母さんパンダ・良浜、その子どもたちの日々の愛くるしい姿をつづった1冊。「かつてないパンダ・グラビア本」のうたい文句での登場だ。「世界一のパンダファミリー」は、飼育員たちに見守られながら安心して出産・子育てをするお母さんパンダと大家族のファミリーヒストリーに迫る。3頭のパンダの名づけ親でもある著者の、パンダ愛あふれる1冊。かわいい写真満載の口絵つきだ。