公開されるごとに甚大な反響と社会現象を呼び起こしている映画「スター・ウォーズ」シリーズ。8本目となる最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開を12月15日に控え、カリフォルニア州のアナハイム・コンベンションセンターでディズニーのファンイベント「D23EXPO 2017」が7月15日(現地時間)に開催され、ついに特別映像が公開された。

貴重な舞台裏の様子やキャストのインタビューが織り交ぜられた本映像によると、キャストや監督が口々にその物語の展開の意外性についてコメントしている通り、最新作はスター・ウォーズ史上最大の衝撃作となる模様。また、昨年惜しまれつつこの世を去ってしまったレイア役のキャリー・フィッシャーは「これは家族の物語。だからこそ、この物語は力強い」と語る。一体どんなストーリーが展開されるのか、実に気になるところ。

そして同日、主要キャストたちがティザーポスターをSNS上で解禁! 6名の主要キャラクターが、ダークサイドの象徴=赤の衣装を身にまとった衝撃的なビジュアルとなっている。深紅に染まる彼らの衣装には、果たしてどんな意味が!? このポスターは世界中でさまざまな憶測を呼びそう。

ダークサイドの象徴である“赤”に身を包んだキャストたちが印象的なティザーポスター(上段左から:ルーク、レイ、カイロ、下段左から:レイア、フィン、ポー)
© 2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

すでに撮影は終了し、公開に向け目下編集中という本作。おなじみの顔ぶれに加え、多彩な新キャラやクリーチャーらが登場するこの映像をもとに、徐々にベールを脱ぎつつあるストーリーの続報にも注目。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

監督・脚本/ライアン・ジョンソン
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン
12月15日より公開