画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本三大祇園祭の一つ「博多祇園山笠」にて映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)とコラボレーションした山笠が制作され話題となったが、15日に行われた祭りのクライマックス"追い山"にてこの山笠が博多の街を駆け抜けた。

午前4時59分、一番山笠が大太鼓の合図とともに博多の総鎮守であり、祭りのメイン会場である櫛田神社入り。"スター・ウォーズ山笠"である「八番山笠 上川端通『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』」が登場すると、巨大な山笠の荘厳な姿に約2,000人の観客から「すごい!」「かっこいい!」など歓声と感嘆の声が沸き起こり、スモークが出る演出がされるとさらに大きな声があがった。

そして、観客の歓声を背に博多の街へ飛び出していった"スター・ウォーズ山笠"は、海外からの観光客を含め沿道を埋め尽くした100万人を超える人々を魅了。スター・ウォーズのキャラクターが飾られた山笠を一目見ようと、追いかけて撮影する人々が続出し、人だかりで道は動けなくなるほどの熱気に包まれた。

最大の見せ場である追い山を終え、八番山笠 上川端通 総務 帆足直之氏は「最高です! あらためて、"スター・ウォーズ山笠"をやれて良かった! やる以上には中途半端なことはできないと思っていましたが、皆さんの応援でここまでたどり着けました!」と感無量の様子で語った。

ルーカスフィルムが監修し、お馴染みのC-3POとR2-D2や、キュートな姿で人気のBB-8、真っ赤な炎の中のカイロ・レン、前作でフォースを覚醒させたヒロインのレイが描かれた"スター・ウォーズ山笠"「八番山笠 上川端通『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』」。八番山笠は"走る飾り山笠"とも言われ、今回の"スター・ウォーズ山笠"は高さ13メートル、重さ2トンと「博多祇園山笠」で実際に走る山笠では史上最大であり、ハリウッド映画を題材にした山笠の制作は史上初の試みとなった。

(C)2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved