カンニング竹山

写真拡大

17日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、カンニング竹山が、生放送番組で居眠りしたことを告白した。

番組冒頭、竹山はこの日、吉田明世アナウンサーとともに番組企画のラジオ体操に参加したと明かす。朝6時15分集合だったそうで、竹山は前日の仕事が午前2時過ぎに終わったため、徹夜で臨んでしまったそう。結果、その数時間後に出演した情報番組「ビビット」(TBS系)の放送中に居眠りをしてしまったというのだ。

竹山曰く「どうでもいいやつ」という、芸能人のゴシップをイニシャルトークで展開する企画「芸能記者座談会」のVTR中に寝てしまったとか。

一方で竹山は「企画がつまらなくて寝たんじゃない」「眠くなったから寝ただけ」と釈明を繰り返す。吉田アナが、「(発言を)訂正してますけど」と指摘しつつ、ビビットでも共演した吉田アナ自身も同じ箇所で眠気を覚えてしまったと漏らしていた。

【関連記事】
カンニング竹山が現在のキャンプブームをバッサリ「キャンプ風の旅」
カンニング竹山が松居一代の騒動に持論「踊らされちゃいけない」
カンニング竹山 料理への文句に苛立つ妻へ苦言「勝手に感情的に」