大変人柄の良いダニエル・ラドクリフ

写真拡大

映画『ハリー・ポッター』シリーズで長い間主人公を演じ人気を博した英俳優ダニエル・ラドクリフ(27)は、普段から温厚で優しい人柄と言われている。そんな彼がある犯罪行為を目の当たりにし、被害者のもとに迷わず駆け寄った。顔面をナイフで切りつけられた被害者に寄り添う彼の姿に、現場にいた一般の人々も非常に驚いたという。

現地時間14日の夜、英ロンドンにてモペット(補助エンジン付自転車)に乗った2人組が観光客に突進。悪質にも観光客の顔面をナイフで切りつけ、予期せぬ出来事と痛みにショックを受ける観光客からルイ・ヴィトンのバッグを強奪したという。この観光客は数日間の予定で英国での休暇を満喫中で、通りを散策していたところ襲われたそうだ。

その後、偶然現場付近にいたダニエル・ラドクリフは足を止め男性観光客のもとに駆け付けたのだ。その様子を目撃した人物は『Evening Standard』に対し「他の人達と一緒に被害者を介抱していた」とダニエルの行動を説明し、犯人を追おうとした元警官も同メディアにこう伝えている。

「まさかと思いました。こう聞いてしまったほどです。『あなた、ひょっとしてダニエルさんですか?』って。彼は『はい、そうです』と答えてくれました。」
「実に好青年でしたよ。スターの多くは、あのような事件が起きても素通りするでしょうね。」

ちなみに被害者は50代男性とのこと。犯人は逃走中で、今も捜査が続いているという。ダニエルの代理人は本件について「確かに現場にいました」と認めているが、それ以上のコメントはしていない。ダニエルは謙虚で温厚なだけでなく、正義感がとても強い男性であった。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)