PSGが288億円の大金で獲得を狙うバルセロナFWネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 フランス1部のパリ・サンジェルマン(以下PSG)がバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールの獲得に向け大金を用意しているようだ。スペイン紙『マルカ』など複数メディアが報じている。

 以前からネイマールの獲得を熱望していたPSGは、現在も同選手の動向を追っている。昨年ネイマールがクラブと2021年まで契約を延長したことで現在契約解除金は2億2200万ユーロ(約288億円)まで跳ね上がっているが、それでもPSGは同選手の獲得をあきらめていないようだ。

 一方ネイマールにも、バルセロナ退団の可能性が浮上している。同紙によると、ネイマールはメッシの次の2番手という現在の立ち位置をあまり良くは思っていなく、同選手の関係者も移籍を薦めているとのこと。もしこれが本当であれば、膨大な契約解除金を支払うことのできるPSGへの移籍が現実味を帯びてくるかもしれない。

 しかし、バルセロナ側の態度はこれと正反対のものでる。クラブのスポーツ・ディレクターのロベルト・フェルナンデス氏は移籍の可能性を否定しており、以前から獲得を熱望しているMFマルコ・ヴェッラッティをPSGから引き抜くことができるとしても、このブラジル人ストライカーの放出は断固として認めるつもりはないようだ。

 ネイマールは既にバカンスを終え、クラブの練習に合流している。来季でバルセロナでの5シーズン目を迎えることになる同選手だが、果たして去就はどうなっていくのだろうか。

text by 編集部