Red Velvet ジョイ「実はウェンディ姉さんと私はよく対立していた」

写真拡大

Red Velvetのジョイがウェンディとよく対立していたと明かした。

17日に韓国で放送されたKBS 2TV「国民トークショー アンニョンハセヨ」でMCのチョン・チャヌとチェ・テジュンは、母親に干渉されるのが息苦しいという視聴者の悩みを紹介した。

その悩みに対して、母親は「娘の彼氏が『抱きたい』とか『愛してる』とかメールを送ってきた」と娘に干渉し始めるようになったきっかけを公開し、娘は「理解できない。抱きしめたいし、愛してると言うことだってある」という反応を見せた。

すると、MCのキム・テギュンは、ウェンディとジョイに「同じ年代だから、彼氏が『抱きしめたい』とメールを送ってくることについてどう思うか?」と聞いた。

これに対して、ジョイは「今どきの子たちはもっとすごい」、ウェンディは「私は保守的な人間みたいだ」と答えた。続いてジョイは「実はウェンディ姉さんと私はよく対立していた。育った環境が全く違うから」と告白した。