(撮影=KAMIIISAKA HAJIME)

 シンガーソングライターの平原綾香(33)が16日、東京・Bunkamuraオーチャードホールで全国ツアー『平原綾香 CONCERT TOUR 2017 〜 LOVE 2 〜』を開催した。このツアーは、4月26日に発売した10thオリジナルアルバム『LOVE 2』引っ提げ、5月27日埼玉県・和光市民文化センターサンアゼリア 大ホールを皮切りに、全国20公演を回るもの。ライブでは、父であり、サックスプレイヤーの平原まこと(65)がサプライズで登場し、親子共演を果たした。

 9月2日から本ツアーの後半公演は再開されるのだが、その間7月26日から帝国劇場で開幕する世界的なシンガーソングライターキャロル・キングの半生を描いたミュージカル『Beautiful』でキャロル・キング役として主演をつとめる大舞台が控えている。

 会場が暗転すると幻想的な光が差し込み、中央に月を模ったステージが浮かび上がる。白いドレスに身を纏った平原綾香が登場すると大きな拍手で迎えられた。

 「みなさんこんばんは! 今日は前半戦ラストの公演です。このあと私はミュージカルに出演してまた9月からツアーがスタートします。今回の『LOVE 2』は憧れのアーティストに書き下ろしていただいた本当にいいアルバムです。なぜか”結婚ソング”が多くなっていますが(笑)次に歌う曲も原 由子さんに書き下ろしていただいた大切な曲です」と「約束のこの瞬間(とき)に」を披露した。

 その後ミュージカルに先駆けて、キャロル・キングのメドレーを披露し会場もヒートアップ。「みんなもちろん来てくれるよね!?」とファンに語りかけ、ツアーと平行して行われている稽古も順調に進んでいる様子だ。

 自身が作詞・作曲した「La La LOVE」では、父でありサックスプレーヤーの平原まことがサプライズ登場。会場からは大きな歓声が上がった。さらにサプライズでもう1曲「What a Wondeful World」を披露し親子共演に酔いしれた。

 アンコールを含む全18曲を披露した約2時間にわたるステージは大盛況のうちに幕を閉じた。全国ツアーは全20公演で約30000人を動員予定。

 なお、9月29日の江戸川総合文化センターでツアーファイナルを迎える。