梅宮アンナ

写真拡大

17日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの梅宮アンナが、自身より低収入の元夫に暴言を吐いた過去を明かした。

番組では、レイザーラモンHGと妻・住谷杏奈が「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に出演し、収入格差によって一時夫婦関係が崩壊していたことを明かしたニュースを取り上げた。一時期、収入の激減したHGに対し、プロデュース専門の会社を立ち上げ多額のもうけを出した住谷が「上から目線」になり、暴言を浴びせることもあったという。

HG・住谷夫妻のニュースにアンナは「私は自分がお金を稼いでしまうと、男の人をバカにしちゃうことがあって。結婚しているときもそうだった」とコメントした。

アンナは「暴言も吐いちゃった」と苦笑まじりに告白。共演者たちから驚きの声があがり、武井壮が「どんなこと言うの?」と尋ねるとアンナは「人としてどうかなって」と告白し、「女があまり稼がない方がいいと思う」と持論を展開していた。

【関連記事】
梅宮アンナ 母親から受けた忠告「お金がある人じゃないと口聞いちゃダメ!」
梅宮アンナの子育て方針に共演者驚き…叱る時は「てめえ、この野郎!」
梅宮アンナが多額を貢いだ末の結論に共演者が爆笑「人を助けることが大事」