【お台場みんなの夢大陸2017】流行りのインスタウォールも満載!充実したSNS映えスポットを見逃すな/お台場ウォーターパーク by ハウステンボス(C)モデルプレス

写真拡大

【お台場みんなの夢大陸2017/女子旅プレス】2017年8月31日(木)まで開催中のフジテレビ夏の社屋イベント「お台場みんなの夢大陸2017」。昨今のインスタブームを受け、例年以上にSNS映えすることを意識したフォトジェニックな撮影スポットが充実しています。これから遊びに行くというあなたのために、会場内で見つけたSNSにアップしたくなるフォトスポットをピックアップ!

【さらに写真を見る】【お台場みんなの夢大陸2017】流行りのインスタウォールも満載!会場内で見つけたSNS映えスポットを一挙紹介

♥お台場ウォーターパーク by ハウステンボス


最も多くのフォトスポットが見受けられたのが、スマイルランドにある屋外プールエリア「お台場ウォーターパーク by ハウステンボス」。

長崎県佐世保市のハウステンボスの「水の王国」がモデルとなっている本ブースは、昼と夜の2部制で、大音量のEDMが流れる中、巨大プールや100mのロングスライダー、ほぼ直滑降に滑り落ちるモンスタースライダー、ジャンピングスライダー、水上アスレチックなど、子どもから大人まで、昼夜問わず楽しく涼しく思いっきり遊べるプールエリアとなっています。

プールサイドには溢れんばかりのフォトスポット「ジェニックスタジオ in OWP」が点在。天使の羽が生えたような写真が撮れちゃうペイント、フラミンゴやマーメイド、ヤシの木など夏らしい要素を詰め込んだトロピカルなペイントなど、複数名のアーティストが手掛けたウォールアートを制覇してみて。

♥ミニオン・タトゥー・パーラー


今年は、ミニオンが2年ぶりに夢大陸に復活。怪盗グルーシリーズ最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」(7月21日公開)のストーリーに因み、囚人服姿の全長5メートルの巨大ミニオンバルーンが存在感を放っている「ミニオン・タトゥー・パーラー」としてブースを展開しています。
巨大なバルーンの横には、表情豊かなミニオンたちと一緒に写真を撮れるインスタウォールが常設。ここでしか手に入らないミニオンのタトゥーシールを身体の好きな箇所に貼ってもらえるパーラー内も、映画の名シーンに囲まれた古レンガ調の内装となっていて、こちらも写真映えしそう。

♥AMAZING COFFEE


5年連続で夢大陸内に“開店”し、毎年風物詩となっているLDHプロデュースの飲食店「居酒屋えぐざいる」の一角に、EXILEのTETSUYAがプロデュースを手掛ける東京・中目黒のコーヒーショップ「AMAZING COFFEE」がフードトラックとして出店。

カフェのイメージカラーのスカイブルーとホワイトのトラックや、お洒落なカフェでよく見かけるチョークアート風のウォールといった、カフェの世界観を表現したとってもお洒落なブースとなっており、どんな構図で撮るか、あなたのセンスの見せどころです。

フジテレビがお台場移転20周年を迎えるメモリアルイヤーとなる今年は、人気番組と連動し、『めざましテレビ』『バイキング』『痛快TV スカッとジャパン』『ONE PIECE』『ドラゴンボール超』などの同局を代表するレギュラー番組を“夢体感”できるブースが盛り沢山。今回ご紹介したSNS映えスポットで記念撮影をしつつ、イベントを120%満喫しちゃいましょう。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■お台場みんなの夢大陸2017概要


開催日時:2017年7月15日(土)〜8月31日(木)48日間、午前10時〜午後6時(予定)
開催場所:フジテレビ本社屋(東京都港区台場2-4-8)および、お台場・青海周辺エリア
開催時間
フジテレビ本社屋・スマイルランド:10:00〜18:00(最終入場17:30)
居酒屋えぐざいるPARK:10:00〜22:00(ラストオーダー21:00、2時間入れ替え制)
入場料金(税込)
・お台場みんなの夢大陸1DAYチケット
一般:1,500円小中学生:1,000円
フジテレビ本社屋(25F球体展望室「はちたま」・24F・22Fフォーラム)、スマイルランド・居酒屋えぐざいるPARKの入場料金として
・居酒屋えぐざいるPARKナイトチケット
一般:1,000円小中学生:500円(17:30販売開始)
居酒屋えぐざいるPARKに18:00以降入場可能になるチケット
・お台場ウォーターパーク by ハウステンボス」
開催時間
昼の部 10:00〜17:00
夜の部 18:00〜21:00
17:00〜18:00は入れ替えのため休止
大人:2,500円(高校生以上)子ども:2,000円(3歳以上)
昼の部は土・日・祝日、夜の部は金・土・祝前日がプラス200円、特定日はプラス300円

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

【Not Sponsored 記事】