JYJ ユチョンの婚約者、謝罪投稿するも…「謝る必要がなかった」

写真拡大

歌手兼俳優のJYJ ユチョンと結婚を控えているファン・ハナさんが、心境を盛り込んだコメントを掲載したが、削除した。

昨日(17日)、ユチョンが自身のInstagramを通じて初めてコメントを掲載した中、彼と結婚する予定のファン・ハナさんもInstagramに心境を伝えた。

これに先立ってユチョンは「すべての方々に申し訳なく、謝罪したかった。ポータルサイトに記事が掲載されるのが大嫌いなのに。でも本当に、遅くなってしまいましたが、申し訳ありません」と話した。

彼は「もう一度立ち直りたい」と、復帰に対する意志を伝える一方、結婚に対して「結婚のニュースも皆様に事前に知らせることができなくて、申し訳なかった」と、自身と婚約者を応援してほしいと頼んだ。

続いてファン・ハナさんもコメントを残した。「とても自己中心的だ。悪口を言ったり非難する時、その相手が自身や家族、愛する人だとしたら我慢することができますか」と苦しい気持ちを伝えた。

ユチョンがカラオケに行って非難されたことに対しても「カラオケに行ったのが、そんなに誤った行動ですか? 私が行きたかったんです。歌が歌いたくて」と解明した。

また「全身が腐っていき、毎日反省して変わった人もいます。私も変わることができるように努力します。とにかく突然の事件で傷を受けた方々に、私が心からお詫びします」と謝罪した。

しかしファン・ハナさんは数時間後、このコメントを削除した。そして自身のコメントに対する反応を全部読んだかのように、正反対の立場を伝える新しい文章を掲載した。

ファン・ハナさんは「ひとりで幸せに生きて行きますからほっといてください。私をブロックしてください。私も完全に気にしませんから。元々他人を気にしなかったですし。他人のことに関心を持つことが最も無駄なことで、時間が惜しいことです。さっきの謝罪コメントを残したのが私のミスだった。謝罪する必要がなかったの、私は」と話した。

「良い人たちと良いことだけ見ながら生きて行くのが正解でしょう。かわいそう、本当に。あなたたちはどれだけ優しくて良い人なんでしょうね。人に悪口を言って、人生幸せ? だったらずっとそのように生きてね。悪口言って、憎んで」と、不快な心境を示した。

しかし、該当のコメントもまた削除された状態だ。

JYJユチョン、突然のSNS開設…謝罪コメント掲載「死にたいほど申し訳ない」(全文)