JYJ ユチョン、突然のSNS開設…謝罪コメント掲載「死にたいほど申し訳ない」(全文)

写真拡大 (全2枚)

性的暴行の疑い議論から結婚まで。さまざまなニュースでファンを驚かせたJYJ ユチョンが、SNSを通じて長い間閉ざしていた口を開いた。(現在投稿は削除済み)

ユチョンは17日に自身のInstagramアカウントを開設。そして「他の言葉は言えません。全ての方々に本当に申し訳ないと言いたかったです」と話を始めた。

ユチョンは「本当に死にたいほど申し訳ないです。本当にごめんなさい。毎日僕の体が壊れるほど泣いても、僕が皆さんに与えた傷よりは小さいでしょう。多くの記事は、僕が初めて聞く話が載っているけれど、それを正すこともできませんでした。いつも皆さんに申し訳ないと思っています」と繰り返し謝罪。

続けて「結婚も、皆さんに前もってお話しできなくて本当にごめんなさい。謝罪さえできない状態で申し上げにくかったです。ご理解ください。毎日本当に、頑張って耐えています。皆さんも僕のように大変だったと思います。本当に申し訳ございません。そしてありがとうございます。いつか皆さんにご挨拶できる日が来ることを祈ります」と話した。

【ユチョン 全文】

他の言葉は言えません。全ての方々に本当に申し訳ありませんと言いたかったです。

ずっと、すごく謝りたかったのに、どうしたらいいのか方法も……自信もありませんでした。本当に死にたいほど申し訳ないです。本当にごめんなさい。毎日僕の体が壊れるほど泣いても、僕が皆さんに与えた傷よりは小さいでしょう。本当にごめんなさい。

本当にとても遅くなったけど、ごめんなさい。先日、電話で正直に申しました。やり直したいと。

でも、やり直せるかどうかは僕の意思とあまり関係がないようです。ただ、本当にごめんなさい。多くの記事に僕も初めて聞く話が載っているけれど、それを正すこともできませんでした。いつも皆さんに申し訳ないと思っています。いつか皆さんに直接会って、僕の気持ちを伝えるその日が来ることを祈っています。

結婚も皆さんに前もってお話しできなくて本当にごめんなさい。謝罪すらできなかった状態で申し上げにくかったです。ご理解をお願いします。毎日本当に熱心に耐えています。皆さんも僕のように大変だったと思います。本当に申し訳ございません。そしてありがとうございます。いつかきっと、皆さんにご挨拶できる日が来ることを祈ります。僕と……ハナ、応援してください。もう一度ごめんなさい。

・JYJ ユチョンの婚約者、謝罪投稿するも…「謝る必要がなかった」