“最大の衝撃作”『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特別映像が解禁

写真拡大

 アナハイム・コンベンションセンターにて現地時間7月14日、15日に開催された、ディズニーファンイベント【D23EXPO 2017】にて、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特別映像が公開された(https://youtu.be/RcaZJ591y90)。

 現地時間15日に開催されたプレゼンテーションには、前作でフォースが覚醒した孤独なヒロイン レイを演じるデイジー・リドリー、伝説のジェダイ ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル、ライアン・ジョンソン監督ら、豪華メンバーが集結。

 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は前作「フォースの覚醒」でレイがルークを探し出した直後からスタートするという事以外が謎に包まれている事もあり、本作の新事実をいち早く知ろうと多くのファンが集まる中プレゼンテーションがスタート。

 ファンが見守る中、最大のサプライズとして約3分の特別映像が発表されると会場は異常な盛り上がりに。さらに映像でデイジー・リドリー/マーク・ハミル/ジョン・ボイエガの口から語られたのは「観客の予想を全て裏切る」という衝撃的な証言。

 解禁された映像にはR2-D2、C-3PO、ハン・ソロの相棒チューバッカといったお馴染みのメンバーも登場。そして、レジスタンスNo.1のパイロット、ポー・ダメロンとBB-8も最新作で大活躍している。しかし、圧倒的な人気を誇ってきたBB-8の存在を脅かす“ポーグ”がこの映像で初お披露目。 “ポーグ”は今回一瞬しか姿を表していないが、ペンギンのような可愛らしい体型とまんまるの瞳で会場を魅了。キュートな新キャラクターとして、早くも注目を集めている。

 そして映像の最後を飾るのは、長年レイアを演じ、惜しまれつつも昨年亡くなったキャリー・フィッシャー。「これは家族の物語。だからこそこの物語は力強い」という言葉に、『スター・ウォーズ』が時代を超えて語り継がれ、映画を超えた伝説的な作品となり得たということに集約される。

 さらに同日、ティザーポスターが解禁され、ライトセーバーを握りしめたレイ、ルーク・スカイウォーカー、ダース・ベイダーからダークサイドを受け継ぐ邪悪な存在カイロ・レン、そしてレイア、フィン、ポー・ダメロンの6キャラクターが、ダークサイドの象徴である“赤”の衣装を身に纏った衝撃的なビジュアルとなっている。これには世界中で様々な憶測が巻き起こりそうだ。

 12月15日、スター・ウォーズ史上最も謎に包まれた衝撃作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、ついにヴェールを脱ぐ。

◎公開情報
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.