野村周平が“実写版マックィーン”を演じる?! 『ランナーズ/クロスロード』公開

写真拡大

 ディズニー/ピクサーの人気シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』が、ディズニー公認で実写化されたミニドラマで野村周平が主演を務めた『ランナーズ/クロスロード』が公開された。

 実写版ミニドラマは、天才レーサーのマックィーンの物語を、陸上競技に全てをかけるランナー・幕井雷斗に置き換えた作品。『カーズ/クロスロード』では、これまで華々しく活躍してきたマックィーンが、若き次世代レーサー・ストームらとの激闘により人生の岐路=クロスロードに立たされるが、『ランナーズ/クロスロード』では陸上部のエースとして活躍していた幕井が、才能あふれる1年生・ツトムの出現により“黄金時代の終わり”を自覚させられるシーンからスタートする。そして、幕井もマックィーン同様に岐路に立たされたことから、運命の決断をするべく仲間たちと絆を深めていく。

 そして、主人公・幕井雷斗役を演じた野村周平より、本ドラマと映画本編についてのコメントが到着。2作を比較し、「映画本編では、車たちがもの凄く熱い人間ドラマを演じているので、この実写版ミニドラマではそのストーリーを人間で表現してみました」と、映画本編に負けず劣らずの出来栄えになっていると自信を見せ、さらにこのミニドラマには“隠れカーズ”が存在していると満面の笑みで明かしている。『カーズ/クロスロード』については「挫折を経験し、人生の岐路に立つマックィーンと、彼を支える仲間たちとの絆を描いた感動作です」と、あらためて“大人が泣ける感動作”であると語っている。

 なお、『ランナーズ/クロスロード』はWebサイトにて配信中。『カーズ/クロスロード』は、7月15日より全国で公開中となっている。

◎『ランナーズ/クロスロード』:
https://youtu.be/kUKAOcbqocc


◎公開情報
『カーズ/クロスロード』
2017年7月15日(土)より全国ロードショー
監督:ブライアン・フィー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.