サンプドリアがコリーを購入へ!

写真拡大

『Sky Italia』は16日、「イタリア・セリエAのサンプドリアは、ヘンクに所属しているガンビア代表DFオマー・コリーの獲得に動いている」と報じた。

オマー・コリーは1992年生まれの24歳。若くしてガンビアのフル代表に選ばれた同国期待のセンターバックである。先日はワトフォードに関心を寄せられているという話もあった、

2013年にフィンランドのKuPSに入団し、その後ユールゴーデンを経て昨年ヘンクに加入。ベルギー初年度で26試合に出場し、2ゴールを決めた。

ちなみに、弟のジョセフはチェルシーの下部組織に所属しており、彼も非常に期待されているセンターバックである。

サンプドリアは今夏サッスオーロのジャンマルコ・フェッラーリ、ヒホンのホルヘ・メレを狙っていたとのことだが、彼らの獲得はかなり難しくなったという。

そのため、ターゲットをコリーに移して入札を行っているとのことだ。

移籍金は800万ユーロ(およそ10.3億円)に設定されているが、サンプドリアはそれを600万ユーロ(およそ7.7億円)まで引き下げることを狙っているようだ。現状のオファーは500万ユーロ(およそ6.4億円)。