自身への心配の声に返答した市川海老蔵 (C)モデルプレス

写真拡大

【市川海老蔵/モデルプレス=7月18日】歌舞伎俳優の市川海老蔵が18日、自身のブログを更新し、読者からの“心配の声”に返答した。

市川海老蔵、息子の頑張り「麻央に見せたい」 「まだ受け入れられない」悲しみ綴る

◆「やつれた?痩せた?」の声に返答


海老蔵は、「ご心配させて申し訳ございません」とのタイトルでブログを更新。読者から送られている「やつれた?痩せた?」という心配の声に、「心の穴は変わらずですが、体重は増えてますよ!」と返答した。

◆“色々経験し、引き締まった” 面構え


海老蔵は、「わたし体重今76あります。ご心配させて申し訳ございません。顔は多分、色々経験し、引き締まった。そういう風に考えていただければ幸いです」と説明。

◆「より精悍な面構えに」役者としてのこだわり


そして「もっともっと精悍な面構えになれるように、日々苦しみ悲しみ愛を知り、優しく強く、大らかにすごし、より精悍な面構えになるように頑張ります」と、さらなる努力の決意を綴った海老蔵。

「わたしの古い友人が、面構えにこだわるので、面構えは今の所わたしは問題ないと先輩友達が言ってくれいるので、一安心です。おす!」と、大変な状況でも面構えにこだわる、役者としての一面を覗かせた。

◆妻・小林麻央さんが6月22日夜に死去


先月22日、海老蔵の妻で乳がん闘病中だったフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が亡くなった。

海老蔵と麻央さんは、2010年1月に婚約発表会見を行い、3月3日に婚姻届を提出。2011年7月25日に第1子である麗禾(れいか)ちゃんを、2013年3月22日に第2子である勸玄(かんげん)くんを出産した。

2016年6月9日、海老蔵が行った記者会見において、麻央さん乳がんを患っていることを公表。同年9月、医師からの「癌の陰に隠れないで」という言葉を受けブログを開設し、ステージ4であることを報告した。

家族とともに病と戦い、2017年6月20日までブログも更新していたが、22日の夜、自宅にて家族が見守る中、逝去。享年34。海老蔵は23日の緊急会見にて、最期の言葉は「愛してる」だったことなどを涙を流し伝えていた。(modelpress編集部)

情報:市川海老蔵

【Not Sponsored 記事】