現在のLDK。約36畳あります。photo ayako mizutani

新築一戸建て探しから始まって、とうとう中古マンションを買うことになりました。

仕事場兼住居を探していたので、自ずと条件のハードルが高くなり「もしかして、このままだったら見つからないのではないか?」

とまで思ったことがありましたが、それでもそれでも!見つかりました。

今回は、購入した物件の間取りと、リノベーション前の室内の様子をご紹介します。

※ 【自営業の妻、3年かかって家を買う】 今までのシリーズを見てみる

■リノベーションしなくてもいいかも!?  「2戸イチ」間取りを公開!

特筆すべきは、やはり玄関(エントランス)がふたつあることです。

これは、前オーナーが隣り合う70平米の物件をふたつ購入し、1軒分としていたからです。

間取り図を見ると、ちょうど真ん中に壁があるのがわかります。

実父と弟も連れて内覧したのですが、その時にふたりから「リノベーションをわざわざしなくてもいいじゃない」と言われました。

前オーナーはこの部屋をウィークエンドハウスとして利用していたそうで、生活感が染み付いておらず、開放的な雰囲気があったからだと思います。

でも、もちろんリノベーションはしますけど。

では東側から紹介します。間取り図でいうと右半分です。

こちらが東側の玄関です。

前オーナーさんはこちらをメインの玄関として使われていたみたいです。私たちは逆に、夫の仕事場用エントランスとして使うことにしました。

左側に写っているドアの奥にはサニタリースペースがあります。ここは経費削減のためにそのままリユースすることにしました。

■和室は夫の仕事部屋に。リビングのサイドボードは、素敵すぎるので残すことに

右側には和室がありましたが、私たちには活用できそうにない空間です。

使いこなす自信がないこちらの和室部分を、夫の仕事部屋にすることにしました。

私がのっそのっそ歩いているのが写っていますが、私の背後にはリビングルームが広がっています。

こちらがリビングルームです。

南側のベランダに面したサッシの高さはさすがに低めですが、採光は十分です。

20畳くらいありました。サイドボードが素敵すぎて、これは残すことにしたんです。

きっと、新築当初はこのサッシとサッシの間に壁を立てて2部屋にしていたのでしょうが、前オーナーさんはその壁を取り払って広いリビングにしたようです。

右の扉の向こうが西側のダイニングキッチンにつながっています。

■キッチンもリフォームされていて、食器棚もまだピカピカでしたが…

一方こちらが西側、間取り図で見ると左側の玄関です。

壁に囲まれていてわかりにくいですが、右奥にちょっとだけ玄関扉が見えます。

ここはダイニングとして使われていました。キッチンも含めると18畳くらいでしょうか。

ここが西側玄関(勝手口として使われていました)です。

ちょこっと周りを壁で囲みましたって感じで、もちろんリノベーションですべて取り払うことにしました。

ダイニングキッチンのキッチン部分。食器棚もまだピカピカでリフォームもちゃんとされていました。

真ん中に写っている扉ふたつが、2戸の物件をひとつにするのを可能にした、いわば通用口になるドアです。

キッチン(水周り)を動かすと予算オーバーになるので、リフォーム後もここにキッチンを設置することにしました。

本当は東側にキッチンを置きたかったのですが……。

■日当りの良い南西側の寝室は、リビングダイニングに

あとは、南西側に寝室がふたつ並んでいました。

せっかく南側に面した部屋なので、リノベーション後はここをリビングダイニングにしようと思っていました。

ここもきれいにリノベーションされていて、収納も充実していました。

改めて写真を見ても、きれいにリフォームされている部屋だったんだなと思います。

結局ほぼスケルトン状態にするのですが、上の写真に写っているクローゼットやシステムキッチン、ドアなど、趣味が合う人に譲れるシステムみたいなものはなかったものかな?と思います。

すべてゴミにするにはもったいないくらいきれいな状態でした。

さて、この時すでに私のお腹は大きくなっていて、ぴったりの家がみつかり心底安心しました。

これからは待ちに待ったリノベーションが始まりますが、これまた困難の連続で……、また次回ご報告したいと思います。