世界105位チェッキナートが第5シードのシモン相手に番狂わせ [クロアチア・オープン・ウマグ]

写真拡大

 クロアチア・ウマグで開催されている「クロアチア・オープン・ウマグ」(ATP250/本戦7月17〜7月23日/賞金総額48万2060ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦で、ノーシードのマルコ・チェッキナート(イタリア)が第5シードのジル・シモン(フランス)を6-1 3-6 6-1で倒し、大会を番狂わせでスタートさせた。

 世界ランク105位のチェッキナートは第1セット、36位のシモンのサービスを2度ブレークし、シモンが第2セットを取り返したあと、第3セットでふたたび2度のブレークに成功した。

 チェッキナートは次のラウンドで、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の地元選手、イバン・ドディグ(クロアチア)と対戦する。ドディグはノーシードのマリウス・コピル(ルーマニア)を6-4 7-6(4)で倒して勝ち上がった。これはドディグにとって、ATPツアーにおける2016年6月以来のシングルス勝利だった。

 この日行われたシングルス本戦の試合は、この2試合だけだった。

 今大会の第1シードはダビド・ゴファン(ベルギー)、第2シードはガエル・モンフィス(フランス)となっている。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「クロアチア・オープン・ウマグ」のシングルス1回戦に勝利したマルコ・チェッキナート(イタリア)(写真◎Getty Images)
Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 03: Marco Cecchinato of Italy plays a backhand during the Gentlemen's Singles first round match against Kei Nishikori of Japan on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2017 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)