写真は『 go to natura ... 』より

写真拡大

 後藤真希(31)が、ブログで長女がなかなか朝食を食べずに“イヤイヤ”連発している姿に「イライラしすぎて血管きれる」と投稿。そのヤンキー口調が話題となっている。

 モーニング娘。加入時、14歳で金髪の風貌がまるでヤンキーと話題になった後藤だが、出産後はそのなりを潜め、料理本を20万部も売り上げた。スタイルブックや、ママ向けルームウェアの販売も手掛け、王道のママタレ街道を歩いてきたゴマキ。それだけに、ブログの一件は炎上するかと思いきや、意外な展開を見せている。

 モー娘。時代からのファンは、「やっぱりヤンキーのDNA」< br/>「ヤンキー崩れだから仕方ない」と受け止め、「幸せアピールより好感が持てる」「正論で怒ってて偉い」と賛同の声が多数。飾らない後藤の姿に好感を寄せているようだ。

 そんなヤンキーママタレと言えば、木下優樹菜(29)が知られている。後藤と同じく、結婚・出産を機に、料理本やスタイルブックを発売。ORICON STYLE調べの「2016年好きなママタレタレント」では堂々の一位と、ママタレの地位は盤石に思えるが、そうではないと芸能記者は語る。

「木下さんのママタレ人気を支えているのが、彼女と同じヤンキーママ。子どもに対して『おまえマジでふざけんな』と叱ったり、夫・藤本に絡んできた相手に『お前こそ誰だよ。お前がまず名乗れよ』など、汚い言葉を使っていても、それが“飾らない姿勢”として支持されています。反面、炎上が多いのも事実。ファンからのコメントにも本気で切れて、炎上したことが何回もある。好きなママタレントで1位になったときは、『組織票だ』『事務所の力が働いた』など、散々な言われようでした」(芸能記者)

 一定数のファンとアンチを抱える木下だが、今後、”キャラかぶり”したゴマキが彼女のファンを奪ってしまう可能性があるという。

■炎上リスクを避けるならゴマキ

「ヤンキーママたちに人気の木下ですが、あまりにも炎上が多いので広告的には不安です。その点、このままゴマキがヤンキー路線を邁進すれば炎上することもなく、若いヤンキーママたちにも訴求できる。新鮮さもあるうえに、リスクを回避するなら圧倒的にゴマキでしょう。その他大勢のママタレ関係者も徐々に存在感を高めつつあるゴマキの台頭を恐れています」(前出・記者)

 言葉遣いからヤンキーの本性が露出してしまったゴマキだったが、この路線でファンを増やしていけば、ママタレ界に旋風を呼びそうだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する