アップルの「Magic Trackpad 2」をMacBookユーザーが使う。絶妙な傾きで疲れにくい
iMacユーザーだけでなく、MacBookユーザーにも便利なのが、アップルのMagic Trackpad 2です。外付けモニタに繋いで簡易的なデスクトップ環境を構築する。そんな場合に、ワイヤレスキーボードと組み合わせることで大きな威力を発揮します。

MacBookのトラックパッドとどう違うの?と感じる読者もいると思いますが、実際のところ、機能はさほど変わりません。TapticEngineによる触感フィードバックや2段階の感圧操作、マルチタッチジェスチャーなども、MacBookの最新モデルと同様です。

では何が違うのかというと、トラックパッドの面積です。MacBook Proも2016年モデルからトラックパッドが広くなりましたが、Magic Trackpad 2はそれ以上に広いです。画面の端から端にカーソルを動かしても、なお面積に余裕があります。



さらに、手前側から奥側に向かって、ゆるやかに傾斜しているのが特徴。奥側が手前側より高くなっているので、水平なMacBookのトラックパッドに比べて奥に指が届きやすく、疲れにくいのです。



さらに完全ワイヤレスなのでケーブル回りがすっきりする利点も。iPhoneと同じLightningケーブルで充電し、MacとはBluetoothでペアリングします。なお、MacBookと同じUSB-Cで充電できるモデルも用意すれば、なお便利になると感じますが、その辺は今後の展開に期待したいところです。



筆者はこのMagicTrackpad 2に外付けモニタ、そしてBluetoothキーボードのHHKB BTを組み合わせて、簡易的なデスクトップ環境を構築しています。

このように、外付けモニタやキーボードを組み合わせてMacBookを使う際に威力を発揮するので、ぜひお勧めしたいところです。また、完全ワイヤレスなので見た目もすっきりしますね。