@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

ポルシェ・ミッションE生産現場 州首相が訪問

ポルシェAGの本社を、バーデン=ヴュルテンベルク州の州首相ヴィンフリート・クレッチュマンが訪れ、オリバー・ブルーメ、アルブレヒト・ライモルド(生産およびロジスティック担当)取締役、グループ労使協議会議長ウーヴェ・ヒュックと会談した。

会談では、豊かな伝統を受け継ぎつつ未来に備えることを目指すシュトゥットガルト・ツッフェンハウゼン拠点の再編や、電気自動車に関するポルシェの将来的な方向性など、経済問題に焦点を絞り意見交換が行われた。この会談の際、州首相はポルシェ初の電気駆動システムによるパイロット版の生産過程を初めて視察したという。

州首相コメント 「どの角度から見ても模範的」

クレッチュマン州首相は、ツッフェンハウゼンの新ポルシェのエンジン工場を訪問して、次のように述べた。「ポルシェ本社におけるミッションEのコンセプトは、同社がドイツの電気自動車分野に重きを置いたバリューチェーンを構築し続け、そのための作業場も確保していることを示しています。新エンジン工場の建物は、どの角度から見ても模範的です。なぜなら環境に配慮し、持続可能性な地域経済を育んでいくものであるからです。このような取り組みは環境に配慮したロールモデルとしてとても重要です」
 

オリバー・ブルーメ 「ポルシェとの相性は完璧」

ポルシェは、新しいプラグインハイブリッド車によって、ドライブトレインの電動化を一貫して推進してきた。ポルシェAG社長オリバー・ブルーメは、このコンセプトがポルシェにとって新分野ではないことを強調しつつ、次のように述べている。


「Eモビリティは、当社の製品戦略の重要な柱であり、ポルシェブランドとの相性は完璧です。そしてわたし達は、モータースポーツでの経験を生産の場に活用しながら、当社初の完全な電気自動車の生産準備を、フルスピードで予定通りに進めています。生産段階において特に重視しているのは持続可能性であり、そのために、CO2排出を抑えた方法でミッションEを生産することを目指しています。このことについて、当社はバーデン=ヴュルテンベルク州の拠点で明確な声明を出しました」