「高等ラッパー」出演チャン・ヨンジュン、謝罪するも校内暴力は否定

写真拡大

「高等ラッパー」の参加者チャン・ヨンジュンが校内暴力に関連して、一陣(イルチン:校内暴力サークル) だという噂を一蹴した。

17日に公開されたHIPHOPPLAYAの「辛いラジオH」NO:EL編で、チャン・ヨンジュンは「校内暴力をしたことはない。以前、国際学校に通っていたとき、学校内で一緒に使うメールがあったが、そのメールで僕が嫌いな人にお父さんの顔を合成したメールを送られるなど、苦しめられた」と告白した。

また、彼は「僕は冗談だとしても、誰かに軽率に言ったことが相手を傷つけたかもしれないと思っている。そんな人たちがいじめられたと思っていれば、本当に申し訳なく思う」と謝罪した。

父親のチャン・ジェウォン議員とも番組の後、これまでどうしようもなく壁があった父子関係を今は円満に回復したと伝えた。

チャン・ヨンジュンが出演したHIPHOPPLAYAのラジオ番組「辛いラジオH」の全映像は20日午後7時に公開される予定だ。

「高等ラッパー」チャン・ヨンジュン、番組から降板…直筆の手紙で謝罪“心より反省している”