サイクリングコースの下に設置してある標識に意外な単語が――こんなツイートが2017年7月1日に投稿され、話題になっている。

今回投稿されたこちらの画像。岩手県にある遠野市ではサイクリングをするためのコースが存在するのだが、そのサイクリングコースの標識の下に何故か「百姓一揆」の文字が。百姓一揆といえば、江戸時代に農民の人々が領主や代官から様々な搾取をされた事に対して、集団で全力で反抗した運動のこと。それが場所の名前として看板に書かれているのは、とても珍しい。

このツイートには、こんな反響が。

サイクリングをしに行ったら、もれなく遠野で行われている百姓一揆に参加しないといけないのかと初見で思ってしまった......。(ライター:長谷川オルタ)