マンU、ペリシッチ獲得が迫る…インテルはプレシーズン前に決着希望

写真拡大

 インテルのクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチのマンチェスター・U移籍が現実味を帯びてきている。イギリスメディア『BBC』が17日付で報じた。

 インテルは18日からプレシーズンツアーへ出発する。中国で4試合を戦うインテルだが、この前にペリシッチのマンチェスター・U行き決定をインテルは望んでいるという。

 今夏の移籍市場でペリシッチへの関心が度々報じられてきたマンチェスター・U。クラブの代表者がミラノ入りして、28歳になる同選手の交渉に臨んでいたが、なかなか合意を取り付けられていない。交渉がまとまらない理由の一つに、インテルがフランス代表FWアントニー・マルシャルを望んでいることが重ねて伝えられている。

 交渉がまとまらない場合、ペリシッチはインテルのメンバーとして中国で行われるツアーに参加するとした同メディア。プレシーズンツアーではリヨンのほかにバイエルン、チェルシーと対戦する。

 一方のマンチェスター・Uは現在、アメリカで新シーズンに向けての準備を進めており、20日にレアル・ソルトレイクの試合を控えている。その後、23日はレアル・マドリード、26日にバルセロナ、8月2日にはサンプドリアとプレシーズンマッチを戦う予定だ。