危険は意外なところに!?「夏レジャー」の盲点&注意したいポイント

写真拡大

いよいよ夏本番。夏休みには、海や川、プール遊びなど、この季節ならではの遊びが子どもたちを待ち受けています。子どものうちに、たくさん体験させてあげたいですよね。

思いっきり夏を楽しめる! 子どもにも安心「虫除けグッズ」5選

しかし、夏は、子どもの事故が増える季節でもあります。周囲の大人が万全を尽くしているつもりでも、川や海などの自然環境には意外な盲点があるもの。ときには、子どもが予想外の行動をとることも…。

そこで今回は、どんな遊び(場所)にどんな危険があるのか、事故やトラブルにあわないためにはどうしたらいいのか、周囲のママ、パパたちに聞いたトラブルの実例をまじえながらお伝えします。

子どもの死亡事故が最も多いスポットは「川」

暑い夏には、やはり水泳や水遊びができるスポットが人気です。特に、海や川では、太陽の下で自然の空気や景観を楽しめますし、生き物もいて、人工的なプールにはない魅力がありますよね。

一方、自然ならではの危険もあります。

警察庁が発表しているデータを見ると、平成28年度の中学生以下の子どもの水難事故の発生件数は162件、死者・行方不明者は31人。31人の死者・行方不明者のうち、水難にあった場所の内訳は、20人が「河川」で、2人が「海」、3人が「湖」、3人が「プール」、3人が「用水路」となっています。

大人の場合は海での水難による死者・行方不明者が多いのですが、子どもの場合は「河川」が圧倒的に多いのです。

川では、水遊び以外にも、魚とりや河原での虫とりなど、多彩な遊び方ができます。近所に川がある場合は、子どもたちにとっては海より身近な存在かもしれません。

しかし河川は、一見、水量が少なくのどかに見えても、場所によっては水の流れが速いところがあったり、雨が降ると増水して深くなったりと、侮れない危険スポットだといわれています。

また、子どもが自由に動ける範囲が意外と広く、見ているつもりでも盲点が生まれやすいという面もあるようです。

筆者の知人のお子さん、Aくんは、4、5歳の頃、家族で遊びに行った川の岸にあったテトラポットの上ではしゃいで踊っていたところ、足をすべらせた瞬間に水の中に落ちてしまったそう。

そのときは、パパがすぐに気づいて飛び込んで助け、事なきを得たようですが、気づくのが遅ければ大事故になっていたかもしれません。

ビニールプールでも油断は禁物!

ここまで読んで「海や川はやっぱり危険よね。うちはプールでいいわ」なんて思ったママもいるかと思いますが、プールでの死亡事故も少なくありません。

先述の警察庁のデータによると、平成28年の31人の水難事故による子どもの死亡・行方不明者のうち、3人がプールで水難にあっています。

東京消防庁の管内では、平成24年から平成28年の間に、夏の河川やプールでおぼれる事故により、76人が救急搬送されています。

ここでも、もっとも多いのは河川での事故(48人)ですが、次に多いのがプールでの事故(23人)。特に、9歳以下の子どものプールでの事故が多いそうです。

また、23人のプールでの事故とは別に、救急搬送された76人のうち2人が、家庭用のビニールプールでおぼれて搬送されている点にも注意が必要です。

ビニールプールに張る水は、せいぜい10〜20cm程度。座ってオモチャなどで遊んでいるだけならおぼれるはずはないように見えますよね。でも、ひやっとする瞬間は、意外と多くのママが体験しているようです。

Bちゃん(当時2歳)は、ビニールプールで立ち上がって歩こうとしたときに、足をすべらせて転んでしまい、慌ててママが助け起こしたそう。

また、Cくん(当時5歳)は、ビニールプールの中でふざけてうつぶせで足をバタバタさせているうちに、水を飲んでしまい、しばらく苦しそうに咳き込んでいたといいます。

どちらのケースでも、ママが近くで見ていたから大事には至っていないものの、もしママがほんの数分でもスマホを見たり電話をしたりしていたら、救急搬送される事故になっていた可能性がないとはいえません。

水辺のレジャーの注意点

では、海や川、プールでの事故やトラブルを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか? 次に、東京消防庁サイト「河川やプール等での水の事故を防止しよう」を参考に、注意点をまとめます。

子どもに水遊びをさせる際は、必ず保護者が付き添い、短い間でも子どもから目を離さないようにする。子どもの体調が悪そうなときには水遊びさせない(大人も、体調不良時や飲酒後は泳がない)。海や川では、天気が悪いときや、悪天候が予測されるときには遊ばせない。バーベキューやスイカ割りなどの海岸や川岸でのレジャーも中止に。海や川では、ライフジャケットを着用させる。

ライフジャケットとは、水に浮かぶ素材を使ったベスト型の救命胴衣のこと。海や川に出かける予定があるなら、スポーツ用品店などで家族の人数分購入しておくといいでしょう。

夏の風物詩「花火」でやけど、失明することも!?

水遊び以外の遊びにも、危険は潜んでいます。たとえば、花火。

特に線香花火に代表される手持ち花火は、小さな子どもも楽しめるため、夏になると、週末の夜に家族で楽しむ家庭も多いでしょう。

国民生活センターが公表している情報によると、花火による事故で、もっとも多いのはやけどですが、中には打上げ花火が目を直撃して失明するというケースもあるそうです。

原因としては、花火の使い方に問題があるケースが多いとのこと。また、小さな子どもが、火の熱さや花火の特性を知らないために事故が起こることも考えられるといいます。

筆者の周囲でも、線香花火が子どもの足に落ちてやけどしてしまった!という話をよく聞きます。火をつけるのに使うロウソクのロウが溶けて子どもの足に落ちたという話も聞いたことが…。

さらに、1、2歳の子だと「キレーイ!」なんて言いながら、花火の火を直接手でさわってしまうこともあるようです。

対策としては、まず「消火用の水を用意する」「マッチやライターで火をつけない」「風の強い日に遊ばない」といった花火の製品パッケージに書かれている基本的な注意書きをちゃんと守ること。

小さな子どもには、「さわったら熱いんだよ」「花火は人に向けちゃダメ」「火が途中で消えても、絶対に覗き込まないように」などとよく言い聞かせた上で、大人がしっかり見守ることが重要でしょう。

夏の車内での熱中症に要注意!

家族で自動車に乗って買い物やレジャー施設に行くとき、気をつけたいのが車内で起こる熱中症。

夏場の車内は、温度が上がりやすいので、短時間でもエアコンをかけずに車内にいると、熱中症になって、めまいや頭痛、意識の低下などの症状が出ることがあるといいます。(参照:東京消防庁「熱中症に注意!」)乳幼児なら、熱中症が命に関わることもあります。

もちろん、「車内に子どもを置いて行かない」というのは常識です。

ただ、ママが置き去りにするつもりがなくても、ママが後部座席を開けるために車を降りた一瞬の隙に、子どもが勝手に中からロックをかけてしまう…なんてケースもあるのだとか。車から降りるときは、必ず鍵を持っているか確認しましょう。

以上、さまざまな夏ならではの遊びやお出かけ時の注意点をご紹介しました。小さな子どもにとっては、海や川はもちろん、家庭のビニールプールでの水遊びでさえも、非日常の大冒険なんですよね。

ママ、パパ、ママ友、おじいちゃんおばあちゃんなど、その場にいる大人同士で協力して子どもをしっかり見守り、重要なポイントやルールを守りながら、夏を楽しみましょう。