ミランのマッティア・デ・シリオ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスはミランからイタリア代表DFマッティア・デ・シリオを獲得することが濃厚になったようだ。17日付けの伊紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。

 記事によると、ユベントスはミランに対し1200万ユーロ(約16億円)を支払いミランから24歳の若手DFを確保することになると伝えている。今回の補強は現地時間14日にユベントスからミランへ完全移籍が決まったイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの後釜として期待されることになりそうだ。

 デ・シリオはミランの下部組織から2011年にトップデビューを果たしこれまで133試合に出場している。またイタリア代表としても31試合に出場するなど若手ながら経験豊富な選手である。

text by 編集部